読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

Mac離れ?

Mac関連

最近ソフトウェア開発者のMac離れが話題になっているそうで。

http://www.softantenna.com/wp/software/switch-from-macos/

スティーブ・ジョブズが亡くなってからというもの、徐々にAppleの注力分野がiPhoneiPadにシフトし、利益の大半もこれらが産んでいることを考えると、投資家目線ならMacなどとっとと捨ててしまえ!ということなのでしょう。そういえば、TimeCapsuleも開発終了?らしいですね。

Macが全く欲しくない…!?

私のMacBookPro(Late2013)がそろそろ買い替えてもいい頃だと思ったのですが、困ったことに、新しいMacBookに全くときめかないというか、ギラギラした物欲が湧いてこないのです。私が歳を取って欲がなくなってきたのかもしれませんが、それだけではないでしょう。

現在のMacに色々不満(遅いとか)はあるのですが、新しい現行品に魅力も感じず、将来の製品にも惹かれるものがないとなると、それはそろそろMacを捨てる時期!だと言われているような気がしてしまうのです。

最近のMacのハードに魅力が足りない

買い換えるに当たってはスペックを当然比較しますが、MacBook PROはデフォルトのメモリ搭載量が少なく、以前はそれでも『最先端を行くコンセプト』があったのですが、今はこれと言ったハード面でのメリットを感じないのです。

事実はどうあれ、かつては最先端を感を感じさせてくれていたMacが、今やWindows機の方が何かと進んでいて、Macは制約だけあるような、そんな感じでしょうか。

Officeが使いにくい

これはAppleのせいではないのですが、Mac版Officeが使い勝手が悪くなっている気がします。PowerPointで表組みしていると、日本語変換途中で確定されてしまい、ストレスが溜まります。

互換性も悪くなってきているようで、ちょっと前までは自宅のMac版Office(2016)で作成したドラフト版を、Windows版のOffice(2013)で開いても問題なかったのですが、最近はやたらとレイアウトがずれる気がするのです。

その他文字数のやや多いWord文書なども、Windows版Officeではサクサク動くのに、Mac版では文字の入力・削除がレスポンスが悪くて、使い物にならない感じです。

イチから全部Mac版Officeで作ったり、表組みしないなら問題ないのですが、Windows環境とやり取りするとなると、難があります。Mac版Office2016が出た頃は、かなり互換性が高くて満足していたくらいなのですがね?

必要とする要件だけで選ぶと、Windows機になってしまう

Officeの互換性はもちろん、3年後にハードを開発しているのはWindowsの方でしょう。しかも最近のソフトウェアは年間保守契約が増えているので、AdobePhotoshopなどを中心に、買い換えなく移行できてしまうわけで、乗り換えも楽になってきました。そうなると、今買い換えるなら、Windows機になってしまいます。

もうちょっと様子見

色々箇条書きにしてみたら、Macを買う理由が全くなくなってしまい、ちょっと自分でも意外でした。とはいえ今すぐにWindows機を買うかというと、どうせ忙しくてゆっくり移行する時間も取れません。それにしばらくWindows機がご無沙汰(会社で仕事には使っていますが、趣味や娯楽方面がさっぱり)だったので、Windows機の現状調査をしながら、もう少し本当にAppleMacを捨てるのかどうか、見極めたいと思います。

来年の今頃は、Windows機のノートPCに、スマホAndroidになっているかも…?

無いと困る:LEDライト

買い物

愛用のキーホルダーサイズのLEDライトが壊れました。夜間の車の中でバックから財布を探すとき、仕事で機械の中を覗くとき…私は夜目が効かないので、無いと困ります。

これまで使っていたのは、マグライトの『ソリテール LED』です。このライトはどこでも手に入る単4電池仕様で、必要十分の明るさ。電球式の同じサイズのものから使っており、かれこれ10年以上の付き合いでした。

いつものようにヘッドをひねって点灯しようとしたら、点いたり消えたりして、電池入れかと思い入れ替えも試みたのですが、そのうち点灯しなくなってしまいました。

同じものを買おうと思ったのですが、マグライトは意外と高い(2000円位)のですよね。電球時代は最高の選択肢で、迷うこと無くマグライトでしたが、LEDが主流の現在では、2000円も出して買う気になりません。

そこで今回買ったのは『LED LENSER K2』です。大体1000円前後、ソリテール LEDの半分くらい。

f:id:yari3180m:20170122235207j:plain

ソリテールLED同様、ヘッドをひねって点灯するタイプです。

電池は残念ながら単4ではなく、ボタン電池(LR44)x4個ですが、百均で2〜4個入りが売っているので、入手性も大きな問題はないでしょう。

Amazonなら更に驚異的な値段で売っています。ライト用で使い捨てなら十分でしょうか。

LED LENSER K2 良かった点。

キーホルダーに適したサイズ。

大きさの差ですが、長さで半分強。ソリテール LEDはキーホルダーとしては少し邪魔だったので、日常的には持ち歩きやすいです。キーリングが最初から付いているのも良いですね。

f:id:yari3180m:20170122235257j:plain

一番上がLED LENSER K2、真ん中がソリテール LED、下が単4電池です。

LED LENSER K2 悪かった点。

電池が入れにくい

電池がとにかく本体に入れにくい。LR44が4個ですが、慎重に入れないと、斜めになって引っかかり入れるのも出すのもままならなくなります。

購入直後、点いたり消えたりといった不安定さ、そして点灯側に完全にひねると点灯しないという不具合がありましたが、『電池を磨いたら治りました』。電池の接触不良でしょう。国内メーカーの電池を使えば、まず大丈夫だと思います。

明るさはソリテールLEDに及ばない

サイズが小さいこともありますが、明るさはソリテールLEDが37ルーメン、LED LENSER K2が25ルーメンと、及びません。 とはいえ、『キーホルダーとして持ち歩き、ちょっとした明かりが短時間ほしい』という、私の用途では必要十分、合格です。

室内でこんな感じ。

f:id:yari3180m:20170122235119j:plain

LED LENSER K2 総合満足度

必要十分の明るさ、コンパクト、キーリング付き。毎日の持ち歩き用途ではお奨めです。

白鳥畑

日記

正月太り解消のため、運動しておこうと、川沿いを自転車で走っていると、畑に白いものがポツポツと見えました。醜い農業用ビニールか何かだと思ったら、白鳥の集団でした。陸に上がって、畑の何かを食べていたようで。

白鳥は水面にいると美しいですが、陸に上がると結構でかいし、威圧感があります。写真を撮ろうと近づくと、一斉にこちらを見て、威嚇してきます。

iPhoneしか持っていかなかったのが悔やまれます。とりあえず出かけるときはカメラを持っていかないと。

f:id:yari3180m:20170109213753j:plain f:id:yari3180m:20170109213816j:plain

新年

日記

今年の初詣は初めて神社でカウントダウンして迎えました。田舎なので、ご近所さんがラジオのカウントダウンに合わせて「明けましておめでとうございます。」と声をかけ会うだけの、ささやかなものですが…

 

f:id:yari3180m:20170101100256j:image

f:id:yari3180m:20170101100303j:image

 

 

日記

東北南部では雪の気配すら感じなかったのですが、北部では水墨画の世界でした。

f:id:yari3180m:20161231190605j:image

存在意義が疑われるWifiスポット

NexcoのフリーWifiスポット。この時期便利だと思い登録してみたのですが、接続すら成立せず、使い物になりませんでした。

 

f:id:yari3180m:20161230091156j:image

 

メールアドレスを登録して、パスワードが送られてくるよくあるパターンです。1日3回、一回15分の制限です。

 

ブラウザを起動すると、パスワード入力ダイアログが表示されます。パスワードを送られてきたメールからコピーしようと画面をブラウザからメーラーに遷移すると、それだけでダイアログがキャンセルされ、接続回数を消費してしまいます。

 

ダイアログをキャンセルでも接続回数を消費してしまうパターンは初めてでした。

 

格安Simにしてから、フリーWifiスポットに頼る事が増えましたが、こんな時にはしっかりしたWifiスポットが使えるキャリアが羨ましいです。

 

 

クリスマス寿司

日記

会社を辞めて海外に飛び出した先輩が帰ってきたので、久しぶりに会って酒でも飲み交わそうということになりました。

問題は『いつ』実行するかで、私としては年内に会っておきたいと思ったのですが、折り悪く(?)時期はちょうどクリスマス。 いっそ年明けにしようかと思っていたところ、先輩から『24日でも25日でもかまわないよ』と連絡が。

流石に『おっさん二人でクリスマス』は無いと思ったのですが、この休みを逃すと、次はいつ会えるかはっきりしないこともあり、さらには私が個人的に話しておきたいこともあったので、拷問とも思えるクリスマスイブにわざわざ日程を設定したのでした。

DSCF6331.jpg

当日は独身のおっさんが一番街中に出たくない時期No.1であろう『クリスマス・イブの夜』ですが、実際に出かけてみると、思いのほか質素というか、地味というか…。もう少し恋人たちが街に溢れ、クリスマス一色なのかと思っていたのですが、商店街に申し訳程度にサンタの意匠が紛れ込んでいる程度で、普段の週末とあまり変わらない感じでした。

予定よりだいぶ早く着いたので、とりあえず商店街を冷やかし、思ったより人出が少ないとはいえ、クリスマス・イブの街中を一人で歩き回るのは心が痛むので、独り者のおっさんでも落ち着ける場所を求めて『ブックオフ』へ向かいました。ブックオフ店内は、『私もあなたも独り者!』といった塩梅の連中だらけで、安心しきって随分と腰を落ち着けてしまい、気がつくと約束の時間直前でした。

『どれ、待ち合わせ場所についた連絡をするか…』とiPhoneのメールを開いたら、本日の相手である先輩から『本日体調不良につき、延期のお願い』が目に入りました…。どうせクリスマスに出かけるなんて!と家族になじられたのでしょう。言わんこっちゃない。ショートメールか電話で連絡をくれていれば、クリスマスの街中をおっさん独りで歩くこと無く済んだのでしょうが、eメールだったので、気付かずにいたのでした。ちなみに『Lineでもいいんじゃないの』という意見は、言うだけ野暮というものです。

なんというか、すっかり惨めを通り越して、悟りの境地に入った感じでしばらく駅前に仁王立ちして佇んでいたのですが、飲み代が浮いた分を使い切って、せめて有意義に過ごしたいと思い、駅ナカの寿司屋へ。もちろん、回っていない方の寿司です。カウンターに陣取り、ビールと寿司で5000円ほど消費して、『俺は最初から寿司を食いに来たのだ』と思い込み、帰宅の途に着いたのでした。

有意義だったかどうかはわかりませんが、久しぶりに食った回っていない寿司は、まぁまぁ美味かったです。クリスマスイブでなければ、もっとうまく食べれたのでしょうが。