読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

もう一息

日記

もう一息で乗り切れる…

 

フラグを立てないよう、余計なことは書きません。早くスッキリしたいです。

 

久しぶりに自転車で運動しましたが、蔵王が綺麗でした。

f:id:yari3180m:20161217194446j:image

 

さらばソフトバンク

買い物

先日携帯キャリアをソフトバンクから格安SIMのiijmioに乗り換えました。

山登りが趣味だと普通山間部のエリアの制約から携帯キャリアは自動的に『ドコモ』になるのですが、iPhone4発売のときに契約していたドコモから当時唯一iPhoneを提供していたソフトバンクに乗り換え、そのままズルズルと契約し続けていたのでした。

乗り換えコスト

つい先日ソフトバンクの2年縛りを逃したばかりで、今解約すると9500円(税抜)の違約金がかかります。なんでそんなマヌケなことになっているかというと、iPhone4当時は発売時期が今の定番である秋ではなかったため、更新月が現在のiPhoneの発売時期とずれてしまったためです。違約金を回避するためには、SIMフリー端末を別途用意しなくてはなりませんでしたが、そのコストを考えれば違約金のほうが安上がりでした。

違約金の他にはMNP手数料3000円、iijmioの契約手数料3000円(パッケージで安く上げることも可能)が必要です。トータル16000円弱の出費です。

月額費用の分析

iijmioのプランは音声通話つきのライトスタートプラン(6GB)を選択。ソフトバンクではホワイトプラン+パケットし放題フラット(7GB)なので、ほぼ内容は同等です。

月々の実質料金(税抜き)を比較すると…

キャリア 料金 (税抜) 補足
ソフトバンク 6934円 ホワイトプラン934円+パケットし放題フラット4G LTE 5700円+ ベーシックパック300円+ユニバーサルサービス料3円
iijmio 2220円 ライトスタートプラン(6GB)

ソフトバンクは最近の実績で、税込みで7500円弱毎月かかっています。機種代金無しで毎月この金額は、割に合わないと常々思っていました。iijmioに乗り換えると、月々の負担はおよそ三分の一になります。

乗り換えコスト1.6万円弱かかっても、半年もかからず回収できてしまいます。実際には端末サポート代の差があったりしますが、端末を長く使ったり、他の端末に乗り換えたりの自由さを考えれば、十分乗り換えでメリットを感じられる水準だと感じました。

機能・サービスの差

格安SIMだけあり、キャリアとは完全に同じではありません。主要サービスで大きな違いと思われるものは、キャリアメールとWiFiスポットです。私は『無くても困らない』と判断しました。

キャリアメール

以前はキャリアメール必須のサービスなどがありましたが、最近はそれも減ってきました。私自身、キャリアメールは使っておらず、しつこい迷惑メールに辟易していて、最近では無い方が良いくらいに感じていました。実際、スマホの台頭で年々存在意義が薄れてきていましたよね。

WiFi

ソフトバンクではWiFiスポットなどが使えましたが、iijmioではそのようなサービスはありません。とはいえ、今までさほど恩恵に預かったこともありませんでした。タダなら使うが、カネがかかるなら契約しようとは思わない、といったところ。

iijmio申し込み:おうちでナンバーポータビリティ

さて、料金とサービス差を確認して、十分納得して申込方法は自宅でのMNPを選択。iijmioの契約方法は、店頭でパッケージを買うか、イオンやビックカメラの店頭で契約するか、直接iijmioのサイトに申し込む方法があります。一番早いのはイオンやBICカメラ店頭でMNP手続きまで済ませる方法ですが、最寄りに店舗がないので、私はパッケージを購入して申し込みました。

ちなみにiijmioサイトで申し込むと手数料3000円ですが、Amazonでパッケージを買うと、時々数百円で売っていたりして、運が良ければ節約になります。しかもバンドルクーポンが増量だったりして、更にお得です。

SIMパッケージ

音声通話SIMはデータSIMと異なり、パッケージに同梱されていません。別途本人確認をしなくてはなりません。iijmioサイトに接続し、免許証などの画像をアップロードして本人確認をします。

さて、本人確認を完了し、SIMが送られてきて、さてMNP!とおもったら、ここで幾つか思いがけないトラブル?があったので、ご紹介。

MNP転出(ソフトバンク)はオペレーターに電話する

MNPは予約番号を取る必要があるのですが、サービス時間がAM 9:00~PM 8:00までで、思い立ったのが夜中だったため、翌日に持ち越しとなりました。以前ドコモからソフトバンクへ乗り換えたときもMNPだったのですが、そのときはimodeでできた記憶があり、すっかりネットのMySoftバンクからできると思いこんでいたのですが、オペレーターに電話する必要がありました。もちろんショップでも可です。

電話は結構待たされますし、とっととMNP番号がほしいのにいちワイモバイルの宣伝をされたりして、イライラします。落ち着いて時間のあるときに実行したほうが良いでしょう。お昼休みだと、時間切れになってしまうかも。

iijmio開通は平日の夜7時まで、iPhoneは別途WiFi必要

SIMを受け取り、あとは開通手続きをすれば作業完了なのですが、なんとiijmioの開通手続きは平日の夜7時まででした。会社帰りだと間に合いません。

会社でやってしまおうかとも思ったのですが、調べてみると、iPhoneは開通手続きが終わっても、WiFiでプロファイルを読み込ませないと通信できないことがわかりました。つまり、一旦自宅に帰るか、コンビニなどのフリーWiFiスポットを利用する必要があります。

結局、勤務時間終わり頃に電話で開通手続きをして、帰宅後自宅のネット環境でプロファイルを読み込んで、開通できました。

ちなみに会社で開通手続きの電話後、しばらくソフトバンクSIMを挿しっぱなしで見ていたら、2時間弱で『圏外』になり、SIMを入れ替えたらすぐにドコモ回線を掴みました。もちろんこの状態でプロファイルを読み込もうとiijmioのツールを起動しても、つながりません。自宅でWiFi経由でプロファイルを読み込まない限り、どうにもなりませんでした。

Android端末だと、手入力で設定できるので、すぐに接続できるようですね。

使用感

iijmioに接続してみての雑感です。

速度

自宅の最寄りではソフトバンクの方が圧倒的に早いです。ソフトバンクが安定して20Mbpsくらい出ている状況で、iijmioでは2Mbps弱から11Mbpsくらいまで変動します。ソフトバンクではYouTubeの動画がいつでも見られる感じでしたが、iijmioでは混雑時間帯では読み込めないこともあります。とはいえ、私は自宅にネット回線があり、出先で動画を見ることなど無いので、困りません。よく使うWEB閲覧では全くストレスがありません。

通話

偶然開通直後に車のディーラーから連絡があったのですが、クリアな音声でこの点はキャリアと代わりありませんでした。

ApplePayなど

ApplePayもモバイルSUICAも問題なく使えました。いわゆるガラケーおサイフケータイなどとは違うので、SIMに依存したいのですね。

総括

いまのところ不便を感じること無く、満足しています。とはいえ今のところコスト面でしかメリットを確認しておらず、これからあちこち出かけた上で検証してみたいと思います。

いまのところ、大手キャリアからの乗り換えは『おすすめ』です。付帯サービスはほとんどなくなり、シンプルな契約になりましたがそれもまた良し!です。

昨年末実家に離れて住む母が、ドコモショップでアホみたいに余計なオプションを付けられ、しかも『いらないなら自分で端末を操作して解約せよ』などといわれ、スマホ一年生の母はまともに端末も操作できず、ドコモIDの意味もわからない年寄りなので解約すらできず、私も離れて住むので電話で話しても相談にも乗れず、結局私が実家に帰省して解約してあげるまで、無駄な出費を強いられたのでした。そのようなアコギな商売をしているキャリアの姿勢を見ていると、これから大手キャリア離れもどんどん進んでいくように思います。近々親のSIMも格安SIMに切り替えてあげようかと思っています。

中尊寺 1年の重み、5年の重み

旅行 日記 カメラ・写真

久しぶりに岩手まで。東北道を北上し、一関で高速を降りて、中尊寺あたりをぶらつきました。予定は決めず、ぐるりと巡るつもりだったのですが、色々と当てが外れました。

一関はかつて毎週のように仕事で出かけ、実家より馴染みがあり、適当にぶらついても何も困ることはないはずでした。ところが町並みには見覚えがなく、好きだったラーメン屋すらも潰れたのか見つけられず、どこかよそよそしい『他人』のような場所になっていました。

ふと思い出してみると、私が仕事で東北を駆け回っていたのは5年以上前。山登りや帰省途中に高速や国道のバイパスで走り抜ける事はあっても、街中を走るのは随分と久しぶりだったのでした。

また新たに馴染みの店を開拓する気にもならず、そして見つけたとしても役立つとも思えず、牛丼屋で飯を済ませて中尊寺へ。

DSCF6097.jpg

中尊寺

中尊寺は何度か行ったことがあるのですが、今回わざわざ訪れたのは、金色堂を観るため。毎回施設がオープンする早朝に訪れたりして、肝心の金色堂を一度も見たことがないので、ここらでしっかり見ておこうかと。

初めて中尊寺へ訪れたのは、岩手に住む大学時代の友人の家に遊びに行く途中、休憩がてら寄ったのが最初です。当時まだ二十代で、車はマニュアルのRAV4、道路地図を頼りに移動していました。若さゆえに金はないが疲れも知らず、下道をぶっ通しで走っても平気でした。今は金はともかく、体力も時間も無いのでカーナビで無駄なく高速道路を移動します。

駐車場に車を止め、年賀はがきの広告チラシをみて、ふとその岩手の友人とも10年くらい会ってないことを思い出しました。今でも年賀状のやり取りはあるのですが、それだけの薄い付き合いになってしまいました。今どんな顔をしているだろう、頭頂部がやばいのは俺とあいつのどちらだろう…などと妙に感慨深くなりました。

紅葉は少しピークを過ぎた感もありますが、十分綺麗でした。人気のない早朝に来ることが多かったので、休日の日中に訪れたのは初めてですが、思ったよりは込み入っておらず、のんびり自分のペースで散歩することができました。

DSCF6148.jpg

DSCF6114.jpg

DSCF6215.jpg

毎度気になる薬師堂の『目』の幟と絵馬。目に良さそうということで、お賽銭。歳のせいか夜目が効きにくくなってきたので。

DSCF6197.jpg

f:id:yari3180m:20161113234816j:plain

金色堂は写真撮影が禁止なので、目に焼き付けてきたのですが、思ったより荘厳で立派なものでした。少なくとも金閣寺よりは観る勝ちがあるかと思います。螺鈿細工など金箔だけではなく、細かな造作が現代まで残っているのが驚きでした。

f:id:yari3180m:20161113234831j:plain

毛越寺

せっかくなので、行ったことがなかった毛越寺へ。紅葉で知られた毛越寺ですが、なにぶんこれまで早朝に走り抜けることが多く、そもそも入場できなかったのでした。

本日は天気も良く、寒くもなく、最高の行楽日和で、水面に映える紅葉が美しく、わざわざ足を運んで良かったと思いました。

DSCF6236.jpg

美しい水路がありましたが、『発掘』されたものだそうで。季節によっては、水辺で平安貴族の衣装で和歌を読んだりするイベントが有るそうです。

DSCF6254.jpg

DSCF6264.jpg

先輩の一年、私の一年。

中尊寺に満足して明るいうちに帰路につきましたが、途中SAで早めの晩飯を書き込んでいたら、『世界を旅するため』に昨年会社を辞めた先輩からメールが届きました。

一年旅をして、十分満足したのでここらで一区切りするとのこと。先輩は一年をフルに楽しんで、充実した時間を過ごしたようです。

ところで私の方ですが、仕事では責任ある立場になったり大きな変化があり、それなりに充実はしていた一年だった(まだまだ忙しい)のですが、常に受け身で自分の都合で何かした記憶が無いな…と思うと少々鬱々としてしました。自由な一人暮らしなんですがね?

今年の夏山シーズンは天気が悪く、ほとんど登ること無く終えてしまったのですが、その後秋山はチャンスが有ったわけですが、仕事など他人にコントロールされた用事で勝手に自粛してしまったのでした。山に行かなくても結局自宅でウダウダ過ごしていたのですから、どうせなら行っていたほうがスッキリしたでしょう。気になることがあると、無駄に萎縮してしまうのが私の悪いところ。

先輩のメールは気軽な『楽しかったよメール』だったのですが、私にとってはもうちょっと『自分の意志で生きねば』、と変にプレッシャーを与えたのでした。

その他

あいかわらずカメラはX-T1です。X-T2が出てからそれなりに値下がりしているので、如何でしょう?

私はX-T2が欲しくもありますが、まだまだX-T1で戦える…そんなところです。

マウスを新調しました。

買い物

マウスを新調しました。

もともと使っていたのは、Logicool M557、Bluetooth接続。シンプルかつ必要最小限の拡張ボタンがとても使いやすい構成でした。ドライバでホイールボタンをMission Control、中央のボタンをLaunchpadに割り当てると、日常的な操作は片手ですみます。

気に入っていたので大事に使ってきましたが、最近やたらカーソルが飛んだり、ボタンの反応が悪くなったりしてストレスが溜まるので、やむなく買い換えることにしました。

ではどんなマウスを買うか。大した額ではありませんが、日々使うものなので、色々熟考しました。

選択肢1 同じマウスを買う

まだM557は現行ラインナップにあるので、同じものを買えます。値段も2000円くらい。以前よりだいぶ安くなっています。使い勝手も知り尽くしており、気に入っていたのでこれでも良いかもしれません。

選択肢2 後継製品を買う

後継かどうかはっきりしなかったのですが、どうやらM336がM557とほぼ同じボタンレイアウトで、実質の後継製品といえるようです。どちらかといえば、コストダウンした廉価版でしょうか。

仕上げがM557の艶ありから、M336はシボ加工になり、プリントも省略され、電池がM557の2本から、1本になっています。

廉価版とはいえ、性能が昔のほうが良いとはいえないうえに、生産コストは明らかにM557のほうが高いはずですが、実売はM336のほうが数百円高いです。これもテクノロジー製品の怖いところ。

どうやらAmazonのユーザー動向をみても、M557を買った人はM336に乗り換えているフシが感じられます。

選択肢3 他社製品を買う

Logicool以外では、マイクロソフトのマウスも気になるところです。昔からマイクロソフトマウスは定番で、自分も以前はマイクロソフトのマウスを愛用していました。

とはいえ、気に入ったボタンレイアウトのものが見つかりませんでした。

左右ボタン+ホイールに、プラス1のボタン構成が良いのですが、もっと多いか、プラス1が無いものばかりです。

ちなみにエレコム製品にボタン構成がM557やM336と同じものがありましたが、私はエレコム製品は絶対に買いたくないので最初から選択肢に入りません。

結論 後継製品 M336に決定

レビューを読んだり、店頭で見てみたりした結果、M336に決定しました。

廉価版だけあり(勝手に決めつけていますが)、箱も凄くシンプル。ここまでコストにこだわった梱包は始めてみました。

↓写真の左がM336の箱(未開封)、右がM557です。

f:id:yari3180m:20161105140509j:plain f:id:yari3180m:20161105140515j:plain

紙箱に緩衝材もなく、ビニールに包まれた本体と、取説のみ。恐ろしいほどの割り切りです。アップル製品の『開封の儀』とは対極を行きますね。なんというか、洗剤やティッシュを買ったときのような、『消費財』を買ったかんじです。

f:id:yari3180m:20161105140538j:plain

まぁ、何かを買った喜びは生まれないのですが、実質操作性も良く、ストレスは解消され、安価に目標を達成できたので、これで良いのかもしれません。

電池も最初からセット済み。

f:id:yari3180m:20161105140548j:plain f:id:yari3180m:20161105140553j:plain

M557に比べると、たしかに廉価版の装いなのですが、M557のプリントは使っていれば励ますし、プリントを省略したM336のほうがスッキリしていて好みです。

↓M336(左)と、M557(右)をならべたところ。サイズはほぼ一緒。

f:id:yari3180m:20161105140600j:plain

あと電池がM557の2本からMM336は1本になったので、本体重量が軽いですね。

ホイールはM557が回転時に少々クリック感(カリカリと引っ掛かりを感じる)のあるタイプでしたが、M336はほとんどクリック感がないフィーリングです。

総合的にM557とM336どちらがおすすめかといえば、今ならM336をおすすめします。やはり基本性能は新しい方が良いです。

見た目はM557の方が少々高級感もあるので、見た目重視でM557が安売りしていたらM557でも良いかもしれません。

夜の散歩で諸行無常を知る

日記

一人暮らしのおっさんのプライベートの外出時間なので、圧倒的によるが多いのは致し方がありません。田舎住まいなので、外出しても『夜の街』といった塩梅ではないので、無駄に歩くか自転車で走り回るだけです。

ひさしぶりにポケモンGOをしながら自転車でウロウロすることにしました。

IMG_1302

ちょっと前に夜中までポケモンGOで賑わっていた城跡の公園駐車場。晴れた土曜日の夜だというのに、もはや車は一台も止まっていません。ここに来れば常時ルアーモジュールが使われていて、公園をウロウロするだけでボールの補充、星の砂ゲットがデッキたのですが、もはやそれも叶わずです。

ブームも過ぎたことは知っていましたが、仕事で都内に出張するとそれなりにやっている人も見かけたのですが、田舎では完全に終了モードのようです。ジムもLv10などのタワーばかりになり、初っ端からカビゴンと戦う必要があったりして、ジム戦も一人で楽しむのは難しくなってしまいました。

結局ポケモンGOは辞めて、音楽を聞きながら自転車を走らせることになりました。先日直してもらった変速機も快調で、気持ちよく走っていると、良いボールやタマゴが出てきたポケスポット付近を通りかかると、ポケモンGOをやりながら歩いている人を発見。やっていた人は、ウォーキング中とみられるおば様でした。ある意味理想的なユーザーなのかもしれません。

商売は人次第です。

日記

今朝は気温が低かったものの、爽やかないい天気で、絶好の自転車通勤日和でした。車から自転車を下ろし(折りたたみなので)、快調に飛ばしながらギヤを上げていくと、チェーンが外れてしまいました。1速から5速までは大丈夫なのですが、6速に上げると外れてしまいます。5速までで通勤できないこともないのですが、危ういので結局自宅に戻り、自転車を車に戻して、車通勤になってしまいました。

新しいウィンドブレーカーに、寒さ対策のグローブと準備万端だったのですが…。しっかり段取りするとトラブルに合う確率が高いように思います。

会社帰りに近所の自転車屋によって、変速機を見てもらったところ、閉店間際というのに、その場ですぐに調整してくれました。しかも通販で買った自転車だというのに…。店員さんもダホンユーザーのようで、色々親切に見てくれたのですが、料金はわずか320円でした。なんとなく申し訳なくなってしまうというか、デフレ感漂う手間賃です。

店員さんに変速機を見てもらっていたら、おばちゃんが『電池で光るライト』を求めて来店。今ついているダイナモ式のライトが重いそうで…。ところが『金額が1000円くらいから』と聞いて、『高い!』と出ていってしまいました。取り付けまでやってくれて1000円で不満というのもメーカー勤務の自分からすると絶句なのですが、なんとその直後、100均かどこか他所の店で安いライトを買って、今ついているライトを『下取りできるか』と訪ねてくる始末。そんな客にも笑顔で対応する店員さん。頭が下がる思いです。

気さくで良い仕事をしてくれた店員さんに感謝しつつ、帰宅後すぐに乗ってみました。調整してもらった変速機は快調で、1段目から7段目まで、スムーズに切り替わります。次に自転車を買うときは、あの店員さんからぜひ買いたい!と思いました。人間への投資はやはり必要です。

もう2017年モデルの季節なのですね。人気車種の自転車は、予約するか出たら在庫があるうちに買わないと、そのまま次の年のモデルまで手にはいらないこともあるとか。

風が冷たい季節:ウィンドブレーカー

買い物

モンベル ウインドブラスト パーカ

最近自転車通勤をしています。車通勤でドア・ツー・ドアだと気温の変化に疎くなるのですが、自転車に乗っていると景色もゆっくり観察できるし、手が冷たくて、季節が徐々に冬に向かっていることが体感できます。

通勤中、上着として愛用のモンベル ストームクルーザージャケットを着ているのですが、レインウェアだけあってガサガサ感があるので、ウィンドブレーカーを買うことにしました。

モンベル ウインドブラスト パーカ

購入したのはモンベル ウインドブラスト パーカです。直営店で6000円しない、モンベルの『手頃で普通のウィンドブレーカー』です。山でも街でも使えるような、万能型といえます。

以前ウィンドブレーカーは定番のパタゴニア フーディニ ジャケットを愛用していました。本体のポケットに小さく折りたため、一年中携帯できる点が気に入っていたのですが、処分してしまったのでした。せっかくなので、比較してみながらレビューしてみたいと思います。

スペック

品名 質量 素材 価格
モンベル ウインドブラスト パーカ 174g 40デニール・ナイロン・タフタ[ポルカテックス®加工] ¥5,500 +税
パタゴニア フーディニ ジャケット 102 g 15デニール・リップストップ・ナイロン100%。DWR加工 ¥14,580(税込)

※ 価格はいずれも直営店価格

重量だけでみると、パタゴニア フーディニジャケットの方が圧倒的に軽いですが、どちらもペラペアらなウィンドブレーカーなので、持った感じでは差を感じません。

値段はパタゴニアが三倍ですが、モンベルではウィンドブレーカーは二種類ある点が注意です。モンベルの商品構成は『ウィンドブレーカー』と『超軽量ウィンドブレーカー』に分かれており、本来フーディニと比較するなら、『超軽量ウィンドブレーカー』であるU.L.ストレッチウインド パーカあたりと比較するのが正しいのでしょう。ちなみにU.L.ストレッチウインド パーカのスペックですが…

品名 質量 素材 価格
モンベル U.L.ストレッチウインド パーカ 123g 12デニール・バリスティック® エアライト ナイロン・リップストップ[ポルカテックス®加工 ]] ¥8,000 +税

フーディニが15デニールで、モンベルは12デニールですが、ペラペラ過ぎて強度が心配です。フーディニは15デニールでもそこそこしっかりしていましたが、こちらはどうでしょう。あくまでもバックパックに忍ばせ、寒いときに一時的に着る感じでしょうか。通勤など普段使いなら、ウインドブラスト パーカのほうがおすすめです。

モンベル | オンラインショップ | クロージング | ウインドブレーカー

f:id:yari3180m:20161013223456j:plain

ウインドブラスト パーカ外観

全体のシルエットはゆったりしていて、普段着のシャツの上に羽織っても余裕があり、普段使いし易いです。多分厚手のセーターの上からでも余裕です。

f:id:yari3180m:20161013223352j:plain

フーディニはスリムフィットで結構絞られていて、シャツの上からでも羽織れましたが、厚手のセーターの上からでは体型によってはキツイかも?といったところ。普段使いというよりは、本格的な登山やスポーツ用のウィンドブレーカー何でしょうね。

ポケットは腰の位置にハンドウォーマーポケットがあります。パタゴニアのフーディニはハンドウォーマーポケットが無く、代わりにチェストポケットがあり、そのポケットが本体の収納を兼ねていました。モンベル ウインドブラスト パーカは収納袋が別に用意されています。

f:id:yari3180m:20161013223405j:plain

f:id:yari3180m:20161013223444j:plain

モンベル ウインドブラスト パーカのハンドウォーマーポケット裏地はメッシュで、ベンチレーターを兼ねています。

腰部にドローコードがついており、絞ることができます。

f:id:yari3180m:20161013223417j:plain

フードにもドローコードが。フードのドローコードは、ストームクルーザージャケットと同じ仕組みでした。

f:id:yari3180m:20161013223429j:plain

袖口はフーディニと同じく、ゴムで絞ってあるタイプです。

f:id:yari3180m:20161013223533j:plain

後ろはシンプルです。

f:id:yari3180m:20161013223544j:plain

全般な印象

軽くてしなやか、そして着ていて快適なウィンドブレーカーです。重さはパタゴニア フーディニに及びませんが、その分ハンドウォーマーポケットなど使い勝手が良く、普段使いにはモンベル ウインドブラスト パーカのほうがおすすめできると思います。

¥5,500 +税(5,940円)という値段は妥当と言うより、割安ではないでしょうか。