読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

Microsoft Office Mac Home Student 2016を買いました。

もともとOffice2011を持っており、自宅でOfficeを使うとなると、家計簿や投資の収支計算、たまに持ち帰りの仕事のファイルを開いてみる程度なので、Office2016が出ても買うつもりは無く、そのうちフリーのオフィスツールに移行しようなどと考えていました。

ところがたまたまAmazonで値引きしているのを見つけ、ついつい値段だけで買ってしまったのでした。

Windowsとの差異が大幅に減少、満足度高し

これまでWindowsで作成したOfficeのデータはあまりMacで開きたくありませんでした。なにしろWindows環境のデータをMac環境で開けばズレてしまい、Mac環境で上書きしたデータはWindows環境に持っていくとどこかしらかがおかしくなります。正直データが開けるだけというか、サードパーティ製品よりはマシ、といった程度の互換性しかありませんでした。

2016では画面構成もWindowsMacでほぼ統一され、細かなズレなどもほとんどなくなり、行ったり来たりすることに抵抗感がなくなりました。MS Officeのデータをやり取りするならもはや必須でしょう。

以前は惰性で買っていたMac版Office、今後は必要だから買う、という道具として使えるレベルにようやくなった印象です。いまのところ不具合はありません。なお、有償のフォントサービスを利用していると不具合があるようですが、そのようなサービスの契約がなければ大丈夫でしょう。あとは、インストール前に旧Officeはアンインストールして再起動しておいた法が良いようです。

support.office.com

※ちなみに無理やり互換性のために入れていたVirtualBoxWindows環境も、せっかくだからアンインストールです。システムがすっきりしました。

広告を非表示にする