読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

ひみつの場所

日記 カメラ・写真 ホタル

宮城はつい昨日梅雨入りしたそうです。山や写真撮影には邪魔な雨ですが、植物には恵みの雨。季節を楽しんでいきたいところです。

今朝は朝から雨でしたが、夕方には雨が上がり、空も少し明るかったので、今夜もホタルスポットの偵察に行ってきました。過去二回とは異なる新しい場所に行ってみたのですが、その地域ではまだ早かったようで、数匹飛んでいただけでした。初めての場所で、しかも街灯も乏しい山間の町だったので、蛍が居そうな小川沿いに到達できなかったというのもあります。

『日中に出直して道を確認しよう…。』トボトボと車に戻ろうとしたら、地元の方が夜の散歩か、こちらに向かってきました。

『こんばんは、ホタルはまだ早いようですね。』と挨拶を交わしたら、その方もホタルの見物で歩いていたようで、しばらくホタル談義が続き、『他の人にはあまり教えないのだけれど』と、地元民でもなければ簡単には気付かないような、脇道のホタルスポットを教えてくれました。

山間の畑に向かうような農道のようでしたが、確かに川を覆うような竹藪があり、ホタルが沢山いそうな場所でした。実際まだ数が少ないのですが蛍も舞っており、最盛期には美しい光景が見られそうでした。前回までのホタルスポットでは写真にとっても背景が美しくない場所ですが、そこなら画になりそうです。

f:id:yari3180m:20160614213257j:plain

私がこうして一人でホタルを撮り始めたのは、子供の頃のホタルが沢山舞う中を歩いた経験が強烈で『また経験してみたい』というのがきっかけなのですが、今日私を案内してくれた地元の方も、たまたま散歩に出かけた夜に『目の前が明るくて眩しいほどのホタル』を見て以来“はまって”しまい、今日も様子を見に来たとのことでした。

私は人見知りする方ですが、たぶん良い写真を撮るプロのカメラマンは、このようにしてコミュニケーションを取って良い場所を発掘しているのでしょうね。私は偶然同じ趣味の同士に出会っただけなのですが。

『ひみつの場所』なのでむやみに明かしはしませんが、良い写真が撮れたら写真だけは公開してみたいと思います。

ちょっと残念なのは、きちんとお礼を言う前にその方が帰ってしまった(?)こと。しかも暗闇だったので、ホタル談義で盛り上がったときも、お互いの顔もよく見えない状況でした。何度か行けば、またその方と出会えるかもしれません。そのときには改めてお礼を言いたいと思いました。

広告を非表示にする