人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

山から海へ:朝市と先輩の決意。

人生本当にいろいろで、平穏無事で終わる人なんて、ほとんどいないのではないでしょうか?震災のときや母が倒れたとき目の当たりにしましたが、変わらないと思っていた日常も、唐突に変わるものです。

10年以上一緒に働いてきた先輩が会社を辞め、旅に出る決断をしました。私にとっては仕事をいろいろ教わってきたし、尊敬できる同僚であり、貴重な山仲間・旅仲間でもあります。とても驚きましたが、1年以上よく考えた上での決断だし、どこかそんな願望があるのだろうな、と匂わせていたこともあり、ついにそのときが来たか、というのが正直な印象です。

山から海へ:朝市

全国的にもう梅雨ですが、東北はまだまだ晴れ間もあり、今週も天気予報は問題なさそうだったので、件の先輩と山に行く予定でした。安達太良、吾妻あたりのアクセスの良い山を考えていたのですが、急に雨が降ってきたこともあり、南下すればするほど天気は不安定そうだったので、計画を中止して、車を北上させ適当に流して朝市などを物色することにしました。山のために早朝5時頃出発ということもあり、朝市ぐらいしか選択肢がない等のもあります。

結局一度行ってみたかった、塩釜の朝市に行きました。

塩釜仲卸市場

市場というと威勢の良い声がけが当たり前だと思っていたのですが、塩釜の朝市はこれまで行ったことのある市場と違い、皆控えめで穏やかな空気が漂っていました。売り込みも「よかったら見て行って〜」と優しげな人ばかりで、段交渉しなくても勝手にサービスでてんこ盛りにしてくれたりして、少なくとも上野のアメ横ではこうはいかない感じでした。

もちろん、プロ向けの時間帯が終わって、主に観光客向けの時間帯に移行していたというのもあるでしょうが…

市場の食堂では300円であら汁とご飯のセットがいただけます。つまり、市場で買って、その場で食べて帰れるということです。私たちもマグロ、ウニ、エビなど買い求め、即席海鮮丼をいただきました。一人当たりご飯セット300円、ウニ400円、エビ200円、マグロ250円くらいで、合計1,150円しょうか。マグロを腹一杯食べて、随分安上がりだったと思います。スーパーで買うものに比べて、素人でもわかる新鮮で良い味でした。

f:id:yari3180m:20150614213146j:plain

ちなみに一人旅と目される方がホタテの刺身をいただいていましたが、リーズナブルに、違和感もなく十分楽しめておりましたので、機会がありましたら、是非お試し下さい。

旅立ちの決意について

結局山から海沿いの朝市になったわけですが、もう帰ろうかと帰路につく中、いろいろ話をしていましたが、その中で先輩から会社を辞め、長い旅に出る決意を切り出されました。

もともと海外に出てみたい、このままだと一生できないというようなことはよく口にだしており、日本を飛び出したい願望があるのだな、と感じていましたが、結婚したばかりで、会社を辞めるというのは思い切ったことで、私も驚きました。

もともと奥さんも海外に出てみたい願望があって、同じ夢を持つもの同士の夫婦だったようで、通常は足枷になるであろう結婚が、むしろ起爆剤になったようなもののようで、なるほどと納得してしまいました。

先輩は英語が堪能な部類でしたが、奥さんはそこまででもないようなので、まずは夫婦で1〜2ヶ月英会話の集中トレーニングを受け、それからのことは未定という計画としては頼りなげではありますが、先輩のこれまでの行動と人柄なら『なんとかなるだろう』という安心感もあります。私が同じことをしたら止められるか馬鹿にされるかでしょうが…

一方、私は?

私は最近はウダウダと理由をつけてくすぶっています。先輩の旅立ちは寝耳に水とはいえ、本来一あってもおかしくない出来事ではありました。もともと私は旅も登山も単独行ばかりだったのが、先輩と一緒に行くようになってから単独行はほとんどなくなっていたので、これから随分と寂しくなります。そんなこともあって、私自身考えないようにしていたのかもしれません。

今夜はなんとなく友部正人の曲を聴きたくなりました。『どうして旅に出なかったんだ』をリピートしています。

広告を非表示にする