読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

旅と写真 鹽竈神社・松島

鹽竈神社と松島へ行ってきました

買ったばかりのカメラテストを兼ねて、鹽竈神社と松島へ行ってきました。頚椎症性神経根症を発症して以来、久しぶりに小旅行らしい外出になったので、いろいろ勘が取り戻すまでモタモタと段取りの悪いことになりました。

鹽竈神社

鹽竈神社

鹽竈神社は仙台の北東、塩釜市にある神社です。全国各地にある鹽竈(塩釜)神社の総本社です。仙台近郊の人々の、お花見や初詣先として人気があります。

f:id:yari3180m:20150301235741j:plain

以上のような知識がありつつも、もともと宮城生まれでない私は初めて行きました。

最初に目を引いたのは桜。もう咲いているの!?と驚きましたが、『四季桜』といって、二度咲きする品種のようです。ほかにも鹽竈桜など、見ごたえのある花々が四季楽しめるようで、もっと早くくればよかったと思います。

f:id:yari3180m:20150301235800j:plain

境内は塩釜港に面した神社だけあって、錨が置いてあったり、神社の本殿前に献魚台が置いてあります。

f:id:yari3180m:20150302010300j:plain f:id:yari3180m:20150301235905j:plain

御朱印は境内に2社(志波彦神社・鹽竈神社)あるので、見開きで2社分(500円)です。ちょっと残念なのは、通常移り防止で和紙を挟んでくれますが、パンフレットを挟んでくれたので、後で剥がすときにちょっとくっついて剥がれてしまいました…

なので、御朱印はまた次回貰いなおしてから貼ります。

他の見どころと言えば、博物館があって、捕鯨槍などが飾ってありましたが、有料の上ちょっと暗い感じで、ちょっと近寄りがたいのでやめておきました。

f:id:yari3180m:20150301235955j:plain

松島へ

塩釜から松島はあっという間です。駐車場に車を止め(初回500円、以降1Hで100円)、歩いて観光地の中心部へ。松島観光の全体像がよくわからなかったのですが、駐車場から遊歩道を歩いて行くと、マリンピア松島(水族館)と、遊覧船の船着場に到着。ちょうどお昼でお腹が空いていたのですが、あちらこちらに牡蠣や焼きイカの売店があり、食欲をそそりました。

マリンピア松島水族館

マリンピア松島

遊覧船が出るまで時間があったので、水族館へ。小規模な水族館で、料金は1400円でした。なにやら牡蠣小屋がオープンしていました。水族館よりそちらに興味が惹かれたのですが、当日は貸し切りということで断念。2000円で45分間食べ放題とのこと。

水族館へ行ったら、必ずクラゲとペンギンを見ます。数は少なかったのですが、良い写真が撮れました。

f:id:yari3180m:20150302000016j:plain f:id:yari3180m:20150302000128j:plain f:id:yari3180m:20150302000200j:plain

ペンギンはやたらとバシャバシャ暴れていました。もうちょっと広いプールが欲しいですね。

遊覧船

1500円で松島湾一周できます。オープンデッキのついた見晴らしのいい2F席は、船内で600円追加です。

仁王丸

天気はそれほど良くない予報でしたが、以外と日差しもさして、気持ちい船旅でした。600円払って2F席をお勧めします。

f:id:yari3180m:20150302000255j:plain

正直松島の島々をそれほど美しいとは思えませんでした。おそらく季節が悪いですね。常緑樹の松とはいえ、下草が枯れているので、ちょっと迫力不足です。陸地の方が紅葉になる秋のほうが美しいのではと思います。

今回は島より船に沿って飛んでくるウミネコが面白かったです。一眼レフの醍醐味は、飛んでくる鳥をフレームに捉えてどんどん写せることですね。餌をもらおうとして手が届く距離まで寄ってきます。餌を与えるのは禁止されていますが、日本語のわからない中国人観光客が餌を手渡しであげて大喜びでした。

f:id:yari3180m:20150302000319j:plain f:id:yari3180m:20150302000332j:plain

松島の島々より、気持ちの良い海風と、ウミネコと並走しての船旅もオツなものです。車で来たので酒は飲めませんが、オープンデッキでビールでも飲んだら素晴らしいでしょう。

円通院

松島といえば伊達家の菩提寺瑞巌寺ですが、工事中なので一旦見送り、隣の円通院に行きました。

瑞巌寺 円通院

円通院は早世した伊達家の嫡男光宗の霊廟です。こちらには大悲亭という悲しげな名前の本堂がありますが、こちらは伊達家の江戸屋敷(現在の日テレ本社)にあった建物を移築したのだとか。

f:id:yari3180m:20150302000349j:plain f:id:yari3180m:20150302000404j:plain

入り口でちょうどボランティアのガイドさんが園内ツアーを募集していたので、ふらふらと吸い寄せられるようについて行ってしまいました。いつもだとこういったツアーは写真も撮りにくいのでついていかないのですが、今回はツアー参加で大正解でした。

このガイドさんはお寺の檀家さんらしいのですが、すごくノリが良くて親父ギャグを連発するのですが、けして下品でなく、みんなが楽しめるような素晴らしい案内でした。これなら写真が撮れなくても、また来ればいいや、と思えます。

ガイドさん曰く、秋の紅葉シーズンは本当に見もののようですよ。ぜひ松島観光に来るなら秋を狙ってきてください。

あと、ガイドさん曰く、私が今回見送った瑞巌寺ですが、工事中のいまのみ、伊達政宗の御位牌が見られるとか。ずいぶん巨大で立派だとのこと。今年中なら見られそうなので、また行く理由ができました。

円通院には縁結び観音があって、小さなこけしに願い事を書いて奉納します。1回500円。いい歳して未婚の私も恥ずかしながら若い女性に混じって奉納しました。「シゴトノエンデモイインデスヨネ〜」とわざとらしく独り言を言いながら…

f:id:yari3180m:20150302000416j:plain

今回のカメラ

買ったばかりのD5300ですが、適当に買った単焦点レンズAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gがすごく良かったです。

キットレンズが18-140のD5300本体より重いズームレンズというのもありますが、サッと取り出してすぐシャッターを切れるのは素晴らしいです。D5300やD5500の軽快さを生かすなら、このレンズですね。

とはいえ、広い景色を撮る時には広角もほしい、ズームもほしいということで、便利ズームの18-140と単焦点1本というのは良い組み合わせだと思います。

カメラの方ですが、D5300で必要十分でした。欲を言えば、18-140の重いレンズの時、少しグリップしにくいかな?その辺はD5500で解決しているそうなので、値段がこなれてきたら良い選択肢だと思います。

帰宅

昼前に塩釜について、15時過ぎまで松島にいたのですが、すっかり食事するタイミングを逃してしまいました。いろいろ食べたかったのですが、一人旅だと観光客向けのお店は入りにくいですね。もうちょっと早く松島についていたら、入りやすい現地人向けの食堂を開拓できたのですが。

食事をしなかったので、薬を飲むタイミングを逃して首が痛くなりました。それでも後で薬を飲もうという程度で耐えられるのは素晴らしいこと。テント泊縦走で山に行くなら完治が必要ですけどね。

駐車料金は800円。松島の外れの駐車場で正解でした。渋滞に巻き込まれることなくサクッと帰れました。

広告を非表示にする