人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

一年ぶりのホタル

田舎住まいゆえ、平日でも楽しめるホタルは最近の心の癒やしです。6月上旬はホタルポイントに出向いても、草陰でじっと動かず、飛翔は見られなかったのですが、日中蒸し暑さを感じた昨日は、打って変わってホタルの群舞が見られました。

蔵王町某所、秘密のホタルスポット

田んぼの中の、里山沿いを流れる小川の辺。日中散歩してものんびり歩ける素敵な場所です。アクセスよし、光害ほぼ無し、私以外の見物人なし。ちょっと他人には教えられない、秘密の場所です。

車を止め、畦道を歩くと、幸先よくホタルが田んぼの上を飛んでいました。いつもの場所につくと、茂みの中には無数のホタルが。急いで三脚をセットし、苦労してピントを合わせ、撮影スタート。

蔵王町のホタル 17-06-23-001

蔵王町のホタル 17-06-23-002

蔵王町のホタル 17-06-23-003

ファインダー(EVF)を覗いていたら、やたら明るいので車が来たかな、と思ったら、眼鏡のツルにホタルが止まっていたのでした。カメラ本体、三脚、私の腕など、アチラコチラにホタルが止まるほど、数が多かったです。去年はさほどでもなかったので、今年は当たり年かもしれません。

撮影条件

昨年は長時間露光したのですが、今年はISO400〜、SS4秒〜10秒、連写モードで撮影し、Photoshopでレイヤー合成(明)で結合しています。

長時間露光だと背景が明るすぎるし、撮影中に車の光が入り込むと、まるまる失敗してしまいます。レイヤー合成だと、車の光が入り込んだ分だけ削除できるし、一枚目だけトーンカーブをいじってちょうどよい明るさで背景を浮かび上がらせることができるので、便利です。

↓合成はこれがあれば大丈夫。

Lightroomで管理、Photoshopで合成やら編集やら。これ以外、何もいりません。

↓ホタルを撮影するなら、ロックができるレリーズがあれば便利です。

キヤノン用となっていますが、フジ(X-T1)でも問題なく利用可能です。しかもやたらと安い。ホタル以外にも渓流のスローシャッター撮影、星景写真と、十分元が取れ、いい仕事をしてくれます。

広告を非表示にする