読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

Bose SoundSport wirelessレビュー

通勤用にイヤホンを新調しました。BoseBluetoothワイヤレスイヤホンの『SoundSport wireless』です。

f:id:yari3180m:20170423190141j:plain

iPhone7にしてからというもの、自前のイヤホンの使い勝手も悪くなり、自転車通勤を時々すると、有線のイヤホンが煩わしいこともあります。途中でコンビニに寄るときとか、会社の正門でバックから社員証を取り出すときにイヤホンが邪魔だったりするのですよね。

iPhoneユーザーとしてはAirPodsも検討したのですが、片方落としそうなのと、運動しながらだと汗や雨で壊れそうなので、今回はパスして最初から防水のBose SoundSport wirelessに決め打ちでした。ちなみに防水じゃないのと、通勤時はノイズキャンセリングは危ないという理由で、QC30もパスです。

Bose SoundSport wireless概要

コスト

実売19,440円くらいで、Appleの純正ワイヤレスイヤホン AirPods(税込み1.8万強)より少し高いくらいです。

パッケージは本体+充電ケーブル(USB)+カラビナ付きケース+イヤーピース3種(S、M、L)、取説の構成です。

f:id:yari3180m:20170423190152j:plain

f:id:yari3180m:20170423190203j:plain

使い勝手

異なる2台にペアリングでき、切り替えも簡単(止めたい方の音声出力を止めて、つなぎたい方の音を出す)です。詳細な設定(音声メッセージ有無など)がスマホのアプリで設定できるのはとても便利です。私は自宅ではノイズキャンセリングヘッドホン(QC35)も使っているので、同じアプリでそれぞれ設定できるのはこの上なく便利です。

リモコンもBose共通の操作感です。3つのボタンで真ん中が再生・停止・早送りなど、もう2つが音量です。よくある操作パターンですね。

装着感

私の耳にはピッタリ会います。この辺は人それぞれですが、シリコン製のイヤーピースがS・M・Lと三種?ついてくるので、必要に応じて取り替えれば良いでしょう。

イヤーピースがヘタったら、買い換えられる安心感があるのも、Boseのような大手で、製品ラインナップを絞っているメーカーの良いところ。ちなみに2個セットで1,620円弱です。

StayHear+ Sportチップ | ボーズヘッドホンアクセサリー

充電

USBで充電できるので、普段持ち歩くモバイルバッテリーで事足りるのも良いです。そもそも、バッテリーが6Hくらい持つので、日帰り出張なら充電せずともなんとかなります。大抵のBTワイヤレスイヤホンは、充電しながらの再生はできないので、再生時間は要注意です。

音質

ワイヤレスイヤホンなので、そこまで期待していませんが、良くも悪くもBoseらしい感じ(低音強め、全般にはフラットな印象)です。購入前に私もあちこちのレビューを参考にしてみましたが、どこも同じような感想で笑ってしまいました。それだけ『Boseらしい』音ということでしょうか。個人的には聞き慣れているので満足です。

本体がイヤホンにしては大きめなので、自転車でスピードを出していると風切音が少々煩わしいのは盲点でした。本体が大きめなのでその分音質も良いわけですが、自転車乗りでクラシックなどを楽しみたい場合は、あえて本体が小さめのイヤホンにしたほうが良いかもですね。

総合評価

通勤時、会社の昼休みなど、毎日使っていますが、満足です。自宅でもQC35と共存が楽で、SoundSport wirelessにして正解だったと思います。Apple原理主義でないならば、AirPodsよりSoundSport wirelessをおすすめしたいと思います!

広告を非表示にする