読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

クリスマス寿司

会社を辞めて海外に飛び出した先輩が帰ってきたので、久しぶりに会って酒でも飲み交わそうということになりました。

問題は『いつ』実行するかで、私としては年内に会っておきたいと思ったのですが、折り悪く(?)時期はちょうどクリスマス。 いっそ年明けにしようかと思っていたところ、先輩から『24日でも25日でもかまわないよ』と連絡が。

流石に『おっさん二人でクリスマス』は無いと思ったのですが、この休みを逃すと、次はいつ会えるかはっきりしないこともあり、さらには私が個人的に話しておきたいこともあったので、拷問とも思えるクリスマスイブにわざわざ日程を設定したのでした。

DSCF6331.jpg

当日は独身のおっさんが一番街中に出たくない時期No.1であろう『クリスマス・イブの夜』ですが、実際に出かけてみると、思いのほか質素というか、地味というか…。もう少し恋人たちが街に溢れ、クリスマス一色なのかと思っていたのですが、商店街に申し訳程度にサンタの意匠が紛れ込んでいる程度で、普段の週末とあまり変わらない感じでした。

予定よりだいぶ早く着いたので、とりあえず商店街を冷やかし、思ったより人出が少ないとはいえ、クリスマス・イブの街中を一人で歩き回るのは心が痛むので、独り者のおっさんでも落ち着ける場所を求めて『ブックオフ』へ向かいました。ブックオフ店内は、『私もあなたも独り者!』といった塩梅の連中だらけで、安心しきって随分と腰を落ち着けてしまい、気がつくと約束の時間直前でした。

『どれ、待ち合わせ場所についた連絡をするか…』とiPhoneのメールを開いたら、本日の相手である先輩から『本日体調不良につき、延期のお願い』が目に入りました…。どうせクリスマスに出かけるなんて!と家族になじられたのでしょう。言わんこっちゃない。ショートメールか電話で連絡をくれていれば、クリスマスの街中をおっさん独りで歩くこと無く済んだのでしょうが、eメールだったので、気付かずにいたのでした。ちなみに『Lineでもいいんじゃないの』という意見は、言うだけ野暮というものです。

なんというか、すっかり惨めを通り越して、悟りの境地に入った感じでしばらく駅前に仁王立ちして佇んでいたのですが、飲み代が浮いた分を使い切って、せめて有意義に過ごしたいと思い、駅ナカの寿司屋へ。もちろん、回っていない方の寿司です。カウンターに陣取り、ビールと寿司で5000円ほど消費して、『俺は最初から寿司を食いに来たのだ』と思い込み、帰宅の途に着いたのでした。

有意義だったかどうかはわかりませんが、久しぶりに食った回っていない寿司は、まぁまぁ美味かったです。クリスマスイブでなければ、もっとうまく食べれたのでしょうが。

広告を非表示にする