読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

ヤブ蚊に追われながらホタルとポケモンGOの関係について考える

日記

天気が悪かったり、良くても用事が入ったり…なかなか山に行けません。

先週末も歯の詰め物が取れ、山行きをキャンセルして慌てて歯科に駆け込みました。そんなわけで中途半端に時間が明いたので、自転車で普段行かないところを中心に回ってみました。

ダホン ボードウォークは良い自転車です。折りたたみの割にはしっかりした作りで、ママチャリよりは軽快に走れるし、折りたたみの方も素早く折りたためるし、買って良かったと思います。今のところ雨が降らない限り毎日乗っています。

さてそんな自転車での外出というか散歩のような物ですが、小さな町でも、車生活だと知らない場所が沢山あります。徒歩では行動半径に限界があるし、自転車で走って初めて知る場所があるものです。『昆虫公園』もそんな一つでした。

昆虫公園

今年は初めて陸生のホタル『ヒメボタル』撮影にチャレンジしたり、カブトムシを久しぶりに捕まえたりしましたが、なんと自転車ですぐ行けるところに『昆虫公園』なる場所があったのでした。

f:id:yari3180m:20160906203604j:plain

目立つ看板は出ておらず、生活道路の奥にあるので、これまで気付かなかったのでした。地元生まれの知人に聞いてみたら『そんなの知らないよ』とのこと。ご近所さんしか知らない場所なのかもしれません。

住宅地の奥にある田んぼのあぜ道を抜け、里山沿いの砂利道を進むとそこが『昆虫公園』です。昆虫と名付けているだけあり、飛んでいるトンボはすべてシオカラトンボでした。歩いて30秒の住宅街では一匹も見かけないシオカラトンボが公園の周りだけ沢山飛んでいます。

公園に自転車を止め、周りを見渡すと、里山に囲まれ、道路の照明を遮ってくれそうで、小川も流れているので、ヒメボタルも撮影できるかもしれません。

f:id:yari3180m:20160906203634j:plain

とはいえ、『不法投棄禁止』の看板がいくつも立っていて、公園のテーブルにはコンビニ弁当の空が放置してあり、あまり愛されている公園では無さそうです。

公園の奥は鳥居が立っていて、その鳥居の先の道は里山の山頂方面にある神社の参道です。せっかくなのでお参りしてみることにしました。

f:id:yari3180m:20160906203648j:plain

鳥居をくぐってすぐ、耳元で蚊の羽音がワンワン響きはじめます。歩いていると、自分の体の周りに蚊柱が出来るのがわかります。腕には黒っぽくて縞々の大きなヤブ蚊が既に留まって血を吸っており、慌てて走りながら神社を目指します。

なんとか上までたどり着きましたが、神社についても蚊がいなくなるわけではありません。神社は無人の小さな社で、一応社務所もありましたが、すぐ脇に農機具のような物が色々とぞんざいに置いてあったりして、あまり神聖さを感じませんでした。なによりも蚊に刺されまくって、あまりにもひどいので神社に着いたというのに、お参りすることも無く、早々に退散です。

腕を振り回しながらヤブ蚊を追い払い、変な声を出しつつ走って、ようやく自転車までたどり着きましたが、9月を回って蚊も吸血のラストスパートなのか、中々私を開放してくれず、自転車をこぎ出してもしばらく蚊柱がまとわりついてくる有様でした。

ポケスポットとホタル撮影の危機!?

あとで知りましたが昆虫公園と神社がポケモンGOのポケスポットやジムになっていたようで、おそらく放置していた弁道の空き箱などは、ポケモンGo目当ての連中が残した物でしょう(どうやって蚊を追い払っているのか気になりますが)。

昆虫公園はヒメボタル撮影に良いと思いましたが、夜中にカメラを抱えて公園に行っても、ポケモンGO目当ての若者の集団に遭遇することを考えるとやっかいです(若者も夜中に明かりもつけずにカメラを構えるおっさん似合いたくないでしょうが)。

よくよく考えると、多くの神社や公園がポケストップやジムになっているので、いくつか知っているホタル撮影スポットも重なります。ホタル撮影中にヘッドライト全開の車で乗り付けられるとやっかいですよね。

自分もポケモンGoをそれなりにやったので人のことを言えませんが、来年のホタルシーズンにはポケモンGoが飽きられていることを願ったりして…。

広告を非表示にする