読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

どうにも気合いが入らない連休

日記

せっかくの連休でしたが、先週末天気予報を見ると、雨の予報だったので自宅で寝て過ごしたのですが、寝過ぎて疲れてしまい、休養にもならず、貴重な時間を無駄に過ごしてしまいました。しかも最終日、昼ごろおきてみるとスッキリと晴れていて、これだったら山に行けば良かったと、激しく後悔。ダメダメです。

明日からは名古屋方面に出張です。天気予報を見ると、九州から東海まで梅雨明け宣言で、晴れの予報。気温も相当暑くなりそうです。連休が悪天候で、仕事のどうでも良いときが晴れというのは、サラリーマンの辛いところです。昨年会社を去った先輩が、毎日自分のペースで気の向くままに旅を続けているのを見ると、なおさらです。

今月に入って山に登れていないのですが、早く山に登らないとBlogのネタも尽きそうです。来週末は山に登れることを期待したいところ。

この連休、唯一した有意義なことといえば、靴とバッグの雨対策です。梅雨明けとはいえ、まだまだ複数日の出張では雨の心配もあり、革靴は濡れるとやっかいです。

靴やバッグの防水といえば、基本的には防水スプレーを使うと思いますが、店頭で見てみると、1000円超えと安くない割には『革専用』、『布専用』と使い勝手が悪い物が多いです。革にしても、スムースレザー(普通のツルツルした革)用、起毛(スエード・ヌバック等)用でそれぞれ違っていたりして、ばらばらに買うのは非常に馬鹿馬鹿しいのです。スニーカーやバッグなどでも、『革+布』の製品は少なくないと思いますが、布専用、革専用だとそういった製品には使えないですよね。

そこで、私が愛用しているのは、コロニル ウォーターストップです。

革・布ともに使えて、高価なブランドバッグ等でも使えます(多くのバッグ専門店で推奨しているスプレーです)。

ちなみに布+革のスニーカーに使った例です。こちらは数ヶ月前にスプレーし、洗おうと思ってシャワーで水をかけたところなのですが、時間が経ってもごらんのようにキチンと水を弾いています。実際、雨の日に出かけても汚れも付きにくく、効果を実感できました。

f:id:yari3180m:20160718222742j:plain

この汚れが付きにくいというのも私が防水スプレーを愛用する理由の一つです。旅先の食事でケチャップやソースが付いてしまっても、拭くと簡単に落ちるようになるので、雨の心配が無くても定期的に防水スプレーしておくと、バッグがいつまでも綺麗に保てます。旅で酷使したバッグを以前売却したとき、ずいぶんと良い値段で売れたのですが、おそらくこの防水スプレーのおかげです。劣化というのは、大事に使っていれば、素材が痛むより、汚れでくたびれていく方が多いのでしょう。

防水スプレーの使い方のコツとしては…

  • 『まんべんなく吹き付ける』
  • 『時間をおいて再度吹き付ける』
  • 『定期的に吹き付ける』

革製品の場合、吹き付けた箇所の色が濃くなり、シミになるのではと心配になったりしますが、そんなことはありません。全体にまんべんなく、たっぷりとスプレーします。スプレーし終わったら、革用ブラシで軽くブラッシングするとピカピカになります。

布の場合はスプレーしてもどこに吹き付けたか判りにくいので、一旦全体にスプレーしてから、しばらく時間をおいて、もう一度スプレーすると良いです。

ちなみに同じような効果が期待できるスプレーではこちらも有名です。どちらもさほど値段は変わらず、効果に大きな違いはありません。入手し易い方を買えば良いと思います。コロニルウォーターストップはどちらかといえば『革寄り』で、アメダスは万能を強調していますが、製品に明記されている用途は革・布で変わりありません。

広告を非表示にする