読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

モンベル トライパック45 (パタゴニアMLCと比較)

ガジェット 買い物

出張・小旅行用にモンベルトライパック45を導入しました。 手提げ・肩掛け・背負うの3種類の携行が可能な3Wayバッグです。モンベルでは45Lと30Lがラインナップされ、いずれも機内持ち込みOKのサイズです。

45Lと30Lで価格差がほとんど無いので、45Lを選択。普段使いなら30Lでしょうが、出張・小旅行用なら断然45Lがお勧めです。

以前私はパタゴニアの同ジャンル・同機能・同サイズのMLCMLC、トランスポートMLC、ヘッドウェイMLCと名前が変遷)を使っていました。一旦処分したのですが、やはりちょっとした出張や小旅行ではMLCの使い勝手が恋しく、買い直そうかと悩んだのですが、同じものを買うのも芸が無いので、今回は別メーカーであるモンベルのトライパック45導入と相成りました。

MLCにするか、トライパック45にするか悩んで居る方も多いと思いますので、比較してみたいと思います。

名称 メーカー 素材 容量 価格
トライパック45 モンベル 1680デニール 45L 13,824円(税込)
MLC パタゴニア 940デニール 45L 26,352円(税込)

全体のデザイン

見た目はパタゴニアMLCの方が垢抜けていますが、色が黒ならどちらもビジネス用バッグ的なデザインで、遠目には大差ありません。モンベル トライパック45はロゴが主張しすぎで、これが小さくなるだけでだいぶ垢抜けると思うのですが。

開く方向はバックパックで使う状態を基準にすると、モンベル トライパック45が縦開き、パタゴニアMLCが横開きです。

f:id:yari3180m:20160708232344j:plain

f:id:yari3180m:20160708232415j:plain

内部

パタゴニアMLCでは以前(3世代前くらい?)はすっからかんのシンプル構造だった(上の写真が私がもっていた頃のMLC)のですが、現在は2重構造になっており、小物入れやオーガナイザーが盛りだくさんで、IDタグまで付いています。

モンベルトライパック45は内部には荷物を押さえるベルトと本体周囲にメッシュポケットが付いていますが、パタゴニアのようなオーガナイザーポケットはほとんどありません。昔のパタゴニアMLCにそっくりです。私はバッグに対してはシンプルな方がこのみで、必要があれば別途小物入れに物を入れるので、余計なオーガナイザー機能はない方が都合が良いのです。また、トライパック45は外側にもベルトがあり、これで全体を薄くすることが出来ますので、荷物が少ないときでも安定しています。

容量が45Lで一緒なので、収容力はほぼ互角。強いていえば現行のパタゴニア MLCは小さなポケットが沢山付いているので、小物ケースがいらない分若干有利かもしれませんが、全体容量自体にはもちろん差がありません。

  • とりあえずYシャツ3枚、+下着、替えズボン1本、ノートPC+文具、シェーバー、傘などの私の一般的な出張スタイル(カジュアル可、スーツ無し)でこのくらいは余裕です。夏場ならさらにガーメントバッグに入れたスーツも入りそうでした。↓の写真はトライパック45ですが、MLCも同じレベルとお考えください。

f:id:yari3180m:20160708232808j:plain

PCポケット

PC用ポケットは、どちらも背中側にあり、容量も同等です。クッション性も同等。ちなみに、MacBook Pro13インチ(late2013)はケースに入れた状態でトライパック45、MLCどちらにも収納OKでした。

  • モンベル トライパック45のPCポケット。現行パタゴニアMLCも同じような感じ。緩衝材付きで、そのままPCを入れていますが、もちろんケースに入れてもOK。13インチが自然に治まる感じで、15インチだと入りますが、出し入れの時に少し引っかかるかも。

f:id:yari3180m:20160708233137j:plain

ショルダーベルトなど

ショルダーベルトのパットはモンベルトライパック45の方がしっかりした作りです。長時間歩くなら、トライパック45の方が疲れにくいでしょう。ただし、しっかりしすぎて堅いので、網棚に乗せるときなどはちょっと邪魔な気もします。パタゴニアMLCのショルダーベルトも十分実用ですが、クッション性はあまりない感じで滑り止め、といったところ。

パタゴニアMLCではチェストハーネスが最初から付いてくるのが良いですね。モンベルのトライパック45にはチェストハーネスが付いていませんが、別売り250円くらいでモンベルで購入できるので、一緒に買っておくと良いでしょう。

その他キャリーバッグと併用する場合、パタゴニアMLCはキャリーバッグのハンドルに差し込む部分が付いていますが、モンベル トライパック45にはそのような機能はありません。パタゴニアのキャリーのハンドルは一般的な2本の支柱で、モンベルは一本だからかもしれません。

耐久性

耐久性はトライパック45を買ったばかりなのでまだ判断は出来ないのですが、デニール数からいうと、モンベルの方が厚い生地です。とはいえ、私が見た限りでは、ほぼ互角の質感です。以前所有していたパタゴニアMLCは、旅行・出張で何度もハードに使ったのに、汚れや傷がほぼ見当たらず、売却するときに結構良い値で売れていきました。トライパック45も同等の耐久性を期待していますが、果たして!?

お勧めはどっち??

値段が倍違うので、総合評価では『モンベル トライパック45をお勧め』します。

ただしオーガナイザーや小分けできる携帯用ポケットやチェストハーネス、キャリーケースとの固定部分など、細かい部分の作りの豪華さではMLCなので、MLCの方がぼったくりというわけではありません。どちらも良いバッグで、出張や旅行が多いなら、十分元を取れると思います。

『基本機能は互角』で、値段の差は『オーガナイザーポケットなど細かい部分が中心』で発生している印象ですので、そこに価値を見いだすかによって、どちらを買うかが決まるでしょう。

…もっとも、たいていは好きなブランドで選んでしまうものでしょうがね。

広告を非表示にする