人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

気の乗らない旅

6月は初旬から順調に山行でき、今年は幸先が良いかも…と思っていたら、6月後半からはしっかりと梅雨前線が頑張って、山に行けなくなりました。正常といえば正常なのですが、初っぱなが素晴らしい山行の連続だったので、心が梅雨空のようにモヤモヤとします。

そんなわたしも、山に行けなくても、旅の方は色々と予定が入っていますが、生憎とすべて仕事での旅=出張です。しかも北アルプス最寄りの営業所というのがなんとも言えません。しかも週末に集中し、7月後半は出社より出張の方が多そうな勢いです。

仕事での旅=出張も、昔は楽しみで行ければ喜んでいったものですが、最近は億劫でなりません。

社用での外出・出張は、年々制約が多くなってきています。PCを持ち運ぶと情報セキュリティ管理やら何やらの義務が生じ、さまざま申請が必要です。さらに旅程が上司と一緒だと、週末の『ついでの一泊』が封じられてしまいます。そのうえ出たくも無い出張先での懇親会まで開かれたりして…。

出張は経費面においても厳しくなり、昨今のホテル台の高騰により、首都圏への泊まりでの出張が会社で認められた経費で収まらなかったりして、自腹を切ることもままあるので『(出張で)お出かけしたくない病』がますますひどくなっています。

サラリーマンなので行きたくなくとも行かねばならず、せめて出張を楽しくというか、現実逃避の一巻で、トラベルギアを新調しました。

モンベルの3ウェイトラベルバッグ(バックパック・ショルダーバッグ・手持ちの3Way)、トライパック45を発注。現在到着待ちです。

私は以前、パタゴニアの同コンセプトのバッグであるMLC45(現行はヘッドウェイMLC45という名前になっています)を愛用していて、プライベートでも仕事でも、『旅といえばMLC』という状況でした。実際ビジネスでも違和感が無かったし、PCも運べ、下手なスーツケースより使い勝手が良かったので、重宝しました。

必要最小限の荷物を持って、さっそうと機内持ち込みで飛行機に乗り込み、旅先でも余計な時間をかけず、素早く空港を出る…そんな旅が出来ました。

その後頸椎症を患って、しかも写真を撮るようになって三脚など荷物が増えたことからバックパック形式のバッグがキツくなり、MLCを売却して『キャリーバッグ』へ移行したのですが、頸椎症が治り、出かける機会の大半が出張で、『PCや資料など多少荷物は多いけれど宿泊はせいぜい1泊から最大3泊程度』の旅でがメインでは、キャリーバッグは大げさで、『MLCが恋しく』なりました。デザイン面でもMLCはビジネスで違和感無いシンプルな仕立てで、しかも頑丈で何かと都合が良かったのです。

MLCは気に入っていましたが『ほぼ同じもの』をまた買うのも何なので、モンベルのトライパックを発注してみました。まだ手元に来ていませんが、今月のハードな出張で、MLCとの比較をレビューしてみたいと思います。

忙しさを物欲で紛らわそうとしていますが、なんとかカメラとレンズに走ることは押さえています。とはいえX-T2の具体的な仕様が漏れ出し始めた昨今、いつまで正常で居られるか。いっそ仕事に没頭するのも悪くないのかもしれませんね…?

広告を非表示にする