人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

里山の明るい森: カタクリ

青森に帰りましたが、まだ弘前城は見ていません。なにぶん桜は既に散ってしまっているのと、公共交通が発達していない田舎では混んでいると車で行きにくいので中々腰が重いです。

とりあえずお袋の山菜採りについて行って、実家の里山を歩いてきました。山ではまだ桜が咲いており、桜と岩木山の組み合わせを見ることが出来ました。山頂が岩木山っぽく無いですが、これも岩木山ですよ。

岩木山

日当たりがほどよい明るい森の斜面に、カタクリが咲いていました。クローズアップレンズCanon 500Dを使って撮りましたが、ピントさえ合っていれば、十分綺麗に取れます。

以下はすべてXF55-200mm + Canon 500D で撮影。

カタクリ

カタクリの花は下向きなので、斜面に生えている物以外は花の中を撮れません。動物写真家のように寝そべって撮れば良いのでしょうが、泥だらけの山で寝そベって撮るには、敷物が必要でしたね。

カタクリ

とりあえず、マクロレンズ無しで山野草を撮るなら、500Dは良い道具です。もちろん、結果としてマクロレンズを買いたくなるかもですが…

カタクリ

カタクリ

里山を下りたら、川沿いの立木にオオルリが留まっていました。鮮やかな青いオオルリが2羽、戯れていて、慌ててカメラを構えたのですが、クローズアップレンズの500Dをつけっぱなし!レンズを外してようやく撮ったのが以下です。近づくと逃げるし、200mmでは鳥の撮影は足りないですね。

小さい鳥をようやく捕らえたので、おもいきりトリミングしています。6月に噂されるX-T2を買ったら画素数アップでトリミング耐性もUPでしょうか!?

オオルリ

オオルリ

広告を非表示にする