読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

里山の春

日記 カメラ・写真

里山沿いにある元田んぼであった沼地の脇を歩いていると、蛙の合唱が聞こえてきました。蛙の姿を捉えようと水辺まで下りると、足下を蛇がニョロリと横切り、慌てて退散。もう蛇が活動しているのですね。

用水路に蛙が居ないかと覗いてみると、大人の蛙は居ませんでしたが、子供のオタマジャクシはたくさん居ました。撮影中は気がつきませんでしたが、ホウネンエビも一緒に写っていました。今は耕作されていない元田んぼですが、生命は豊かです。

DSCF3105.jpg

沼地を登ると日陰の谷間はリュウキンカの群生地帯です。春の花は桜でおなかいっぱいだと思っていましたが、黄色い花は目に鮮やかで、本当に春を実感させます。

DSCF3101.jpg

今の里山は木の葉も無く、背の高い草も無いので周りが開けていて、日も差すので暖かく、散策するには一番良いときかもしれません。夏場は薄暗くて、ブヨや蚊も出ますからね。

DSCF3120.jpg

広告を非表示にする