人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

一目千本桜 暗闇の夜桜

今朝通勤がてら、船岡城趾脇の桜並木沿いを見ていたら、満開ではありませんがだいぶ見頃な様子。しかも空は綺麗な青空で、正直会社に行くよりお花見をしたい感じでした。

日中は仕事にいそしみ、帰宅後桜並木を通ると、綺麗にライトアップされていたので、まっすぐ夜桜撮影に行くことにしました。

真っ暗闇

大河原にある一目千本桜のお花見会場に着くと、なんと見頃な咲き具合だというのに、全くライトアップされていませんでした。お花見客もそこそこ来ているというのに、勿体ない状況です。どうやら開始が4月7日からで、まだスタートしていようです。既にライトアップを始めている柴田町の船岡と大河原町では管轄する役所が違うとは言え、貴重な(むしろほぼ唯一の)観光資源が勿体ない。

夜桜+星

月が出ていないので、星空が綺麗に見えます。ライトアップされていないことの利点を思わず発見。三脚をセットして、長時間露光で撮ってみました。

DSCF2164.jpg

DSCF2166.jpg

北斗七星を入れて撮ってみました。

DSCF2174.jpg

桜がメインだとホワイトバランスが蛍光灯でちょうど良い感じ。

DSCF2170.jpg

星景メインだとタングステン電球にすると夜空が青くて綺麗でした。

DSCF2181.jpg

メインの桜を撮ってみましたが、ライトアップなしで、シャッタースピードが遅いので、そよ風でも風があるとぶれてしまいます。なんとか撮れた、貴重な一枚。

DSCF2176.jpg

桜越しに橋を撮りました。

DSCF2124.jpg

機材など

とりあえず三脚は必須です。ライトアップされているつもりで来場したのか、手持ちで一生懸命撮っている人が居ましたが、やはり夜間は三脚があってナンボです。私が使っているマンフロット befree カーボン↓

星景を入れるとか、バルブで撮るときにはレリーズがあると便利です。フジ対応とは一言も書いていませんが、X-T1でも問題なく使えます。

広告を非表示にする