人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

Day One2購入

私ははてなBlogの記事はほとんど日記ツールのDay Oneで書いています。色々試しましたが、私の望む条件を全て満たしているのはDay Oneだけでした。Markdownに対応しているので、Day Oneに書いて、そのままはてなBlogにコピペすれば簡単に投稿できます。

Day One刷新

さて使い慣れた万年筆にも似た『Day One』ですが、メジャーバージョンアップしたということで、早速買ってみました。

Day One 2 Journal + Notes App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥2,400

Day One 2 Journal + Notes App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥600

Day One 2 レビュー

2月4日のリリースから一週間までは半額と言うことですが、それでも2400円。つまり標準4800円となります。通常価格はなんと以前の4倍のお値段です。iOS用は半額で600円、通常1200円です。これはちょっとお高いです。その値段にふさわしいか、使ってみた印象をレビューします。

同期

これまで私はicloudで同期していましたが、今後はDay One独自の『Day One Sync』のみとなります。独自と言っても、AWSを使用しているようですが…

同期自体はicloudからDay One Syncへの移行は一瞬で終わりましたが、リリース直後は混み合って繋がらなかったりしたようです。現在は安定しています。

UI

全般に洗練されました。もともとシンプルでしたが、機能が増えたのに、さらにスッキリした印象で、この点は素晴らしいです。

エントリーを複数選択して、一度にタグやスターをつけられたり、削除できたりして、整理整頓がしやすくなりました。

複数ジャーナル機能でグループ分け(日記、Blog記事などのように)でき、同じ日付で複数エントリーができるようになったので、もはや日記アプリの枠を超えたかもしれません。タグでの絞り込みもやりやすくなったので、必要な記事の絞り込みがやりやすくなったこともあり、日記アプリから一歩踏み出して、Evernoteなどのメモアプリ的な使い方も模索しているのかもしれません。Day One Syncもその布石でしょうか。

Dual Paneでカレンダーとエディタを並べて表示できるようになりましたが、こちらは好み次第でON・OFFできます。

編集機能

記入中文字列を選択すると、ツールバーがポップアップ表示され、箇条書きやボールドなどが簡単に指定できます。ただし、日本語入力で変換中も選択領域と同じ扱いになるようで、ちょっと煩わしいですね。

以前はどうだったか分かりませんが、選択部分をOmniFocusのInboxに送る共有機能などがありました。

複数枚の写真

以前は一枚だけだった写真貼り付けが、複数枚(10枚)に対応しました。

(参考)複数枚の貼り付けに対応したDay One2ですが、じつはFlickerをつかえば何枚でも貼り付けられます。Flickerでは貼り付け用のスクリプトが出力できますが、そのスクリプトをDay Oneの記事中に貼り付ければ、DayOne上でFlickerの写真が見られます。つまり10枚でも20枚でも問題ないのです。先日のキツネ村の記事(雪の蔵王キツネ村 - 人力移動Blog)もDay One(バージョンアップ前の写真1枚のみの旧版)で書きました。写真はすべてFlickerスクリプトです。

iOS

iOS版は使ってみた限りではマップビュー、写真アルバム機能が目新しいですが、さほど変わった印象はありません。一番のメリットはタグでのフィルターでしょうか。記事毎にタグをしっかりつけていけば、以前の記事から必要なものを簡単にフィルタリングできます。このあたりもメモアプリ的な使い方を模索しているような印象があります。

全体として、買う価値があるか?

文書を日頃からMarkdownで書いており、タグで検索して整理したいならば買う価値あり、といったところです。

Day One 2 Journal + Notes App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥2,400

Day One 2 Journal + Notes App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥600

広告を非表示にする