読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

キヤノンのサービスセンター

カメラ・写真 日記 ガジェット

70Dを売却してeos M3を買う計画ですが、売却するならトラブルがないよう、完璧な状態にしたいということで、キヤノンのサービスセンターに持ち込みしてみました。

私の70Dは現状使う分には問題ないのですが、ファインダーを覗くと、僅かにホコリが見えます。ミラーとフォーカシングスクリーンの間あたりに入り込んだと思われ、保証が生きている間にサービスに持ち込むことにしました。

修理だと時間がかかるし、持ち込みだとすぐやってくれるのではという期待があったのでした。

キヤノンサービスセンター 仙台

cweb.canon.jp

サービスセンターは平日しかやっていないので、貴重な平日の休みの機会を利用して、行ってきました。

仙台のキヤノン サービスセンターは一番町のトラストタワー15階にあります。

cweb.canon.jp

仙台トラストタワー

場所はすぐわかりましたが、ビルが森トラストの立派なオフィスビルで、都内では再開発でよく見かけるパターンの、やたらでかい複合施設です。

www.mori-trust.co.jp

ホテルスペース・商業スペース・オフィススペースに分かれてあり、商業スペースは入りやすいのですが、オフィススペースの入り口がよくわかりません。商業スペースからサービスセンターがあるオフィススペースに向かうと、IDカードをゲートにタッチしないと入れないと掲示されていて、ウロウロと不審者みたいにビルの周りを歩き回ってしまいました。

結局商業スペースを無視して正面から入るとIDカードが不要という、商業スペースからまよいこむのを防ぐだけのセキュリティーでした。エレベーターホールに行くと、キヤノンサービスセンターの案内が小さく掲示されており、案内に従い15Fへ。

スーツ姿のビジネスマンの中をジーンズにリュック姿の私はちょっと場違いでした。

キヤノンサービスセンター仙台

受付の方にカメラを見せて、サポート期間内なので無償であると説明を受け、ここまでは事前に調べた通りだったのですが、なんと『お渡しが2週間後』と告げられました。

70Dのファインダーから見えるホコリは、分解が必要なので故障の修理と同じようにメーカー工場送りのようです。昔の40Dなどはミラーにフォーカシングスクリーンが乗っかっているだけで、簡単に分解できた(フォーカシングスクリーン自体がユーザーが好みで交換できた)のですが、70Dでは液晶パネルも組み込まれており、結構大掛かりな修理扱いになってしまうようです。

保証期間内なので作業は全て無料なのはもちろん、送料も無料なので、これならピックアップサービスで引き取り修理の方がよかったかもしれません。なにせ私が仙台まで行くと、往復1000円以上の交通費が必要ですので…

交通費もばかにならないので、引き取りは宅配にしてもらいました。保証期間内なら持ち込み修理の宅配送料も無料です。自分で取りに行くとなると、今回の交通費も含めて2000円もしてしまう上、有給休暇の取得が必要になってしまいますので、助かります。

すぐに受け取れなかったとはいえ、対応自体はとても丁寧にしていただき、ついでにレンズのピント調整(前ピン・後ピンなど)もしてくれるとのこと。もともと70Dを買うことにしたのも、自分が行ける範囲にサービスセンターがあることが理由でした。次回eos M3を買ったあとでも頼りになることでしょう。

広告を非表示にする