人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

デスク周りを断捨離

ネット上では机周りを公開するのももはや定番化しており、私もよく参考にします。

これまでいつも作業する作業用スペースでは、23インチの外付けディスプレイ+MacbookPro13"の組み合わせで安定していましたが、生活スタイルの変化から、大幅にレイアウト・構成を変えることにしました。

Before:リラックス優先スタイル

yari3180m.hatenablog.com

いまのレイアウトはリラックス優先で組み立てたものです。もともと机の上にMacbookPro1台だけというシンプルなスタイルだったのですが、頚椎症性神経根症で動き回れなくなり、リラックスした姿勢で机に向かえるようにと、まずはノートPCスタンドを追加したのですが、13"モニタでは醜く、結局外付けモニタを追加し、最後には椅子まで買い換えて大掛かりになって今に至ります。

■デスク上

  1. MacbookPro 13" Retina(本体) + Rain Design mStand(スタンド)
  2. EIZO FlexScan EV2450 23"(モニタ)
  3. JBL pebbles スピーカー
  4. Appleキーボード
  5. ロジクール BTマウス
  6. 無印良品のデスクライト

このほかに、ヘッドホン+USB DACもありましたが、ヘッドホンが煩わしく、結局処分して、深夜帯はイヤホンを愛用していました。

■デスク

  • IKEA(天板と足)

■チェア

狙いとしては、アーロンチェアにゆったりと腰掛け、MacbookProでネットをしつつ、モニタで動画鑑賞が理想的な使い方です。頚椎症も治ってきて、カメラを扱うようになってからはLightroomで写真を扱うのにも重宝しました。

不満は無かったのですが、頚椎症が治ってからというもの、また登山や旅などがメインの関心ごとになってきたというのと、仕事上『お勉強』する必要があり、デスクライトで照らしながら勉強しようとすると、モニタなどが邪魔でしょうがありません。勉強するためにもう一つ机を用意したり、ちゃぶ台を用意するのはものを増やしたくない私としてはありえない選択です。

よって、思い切って断捨離することにしました。

学習優先スタイル

主にやりたいことは、『勉強』です。デスクライトで照らせることと、ノートや資料を机に広げられることが最低限必要です。

そうすると外付けモニタと外付けキーボードは処分しなくてはなりません。PCは必要なので、結局原点に帰ってMacbookPro13"一台だけに戻るのが答えということになります。

f:id:yari3180m:20151011214859j:plain f:id:yari3180m:20151011214908j:plain

■デスク上

  1. MacbookPro 13" Retina(本体)
  2. JBL pebbles スピーカー
  3. 無印良品のデスクライト

夜間は相変わらずイヤホンです。

■デスク

  • IKEA(天板と足)

■チェア

スピーカー(JBL pebbles)は邪魔にならないし、音も気に入っているのでそのまま使います。このサイズでこの音(聴いてみるしかありませんが) なら最高です。

JBL Pebbles

モニタについては、画面解像度の狭さはすぐに慣れます。Retinaで綺麗というのもあるでしょうが、写真編集も初心者レベルの私では十分です。

アーロンチェアは断捨離の観点から行ったら本来処分の対象になりそうですが、前傾姿勢サポートが机に向かうにあたってとてもよく、腰を壊さないように、健康のためにも維持します。実際この椅子にしてから腰を壊すことがなくなりました。自費で会社の椅子もアーロンチェアにしたいくらいです。

アーロンチェア

画面が一気に狭まって、不安だらけでしたが広々した机を見ると、やはりモノがないのは良いと実感できました。気分転換は買わずとも処分でも得られます。

難点としては、机の脇の棚の下に外付けHDD、光のモデム、AirMac Time Capsuleが仕込んであるのですが、その分がどうしてもごちゃごちゃしています。あと一つか二つモノを減らしたいところで、ひっこしたら光を解約してWiMAX等にするのも良いかもしれません。

広告を非表示にする