読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

薬がまたひとつ減りました。

せっかく桜が見頃の咲き具合なのに、昨夜からずっと雨です。

残念といえば残念ですが、私には好都合。今日は頚椎症性神経根症の薬をもらいに通院しなくてはならないのですが、土日でお花見日和の天気だと、道路が渋滞して病院までたどり着けないのです。病院への道路がお花見会場を抜けるため、考えられるどのルートを通っても渋滞するという、悲惨な状態になってしまいます。

朝イチで病院に出かけ、診察を受けてきました。

いつもなら薬だけ貰ってくるのですが、薬を減らしてもらいたかったので、受診しました。

今回から(28日分):

  • ロキソニン (鎮痛剤) 60mg 1回1錠、1日3回
  • ラビン錠 (胃薬) 1回1錠、1日3回 *アレグラ60mg(花粉症薬、ついでに処方) 1回1錠、1日2回

リリカカプセル(25mg)が無くなりました。リリカの薬価は1カプセルあたり77円とロキソニンの17.5円に比べてお高いので、コスト削減になります。前回も花粉症薬同時処方で、薬代が合計4,410円でしたが、今回はリリカが無くなって2,480円になりました。やはりリリカが突出して高かった。一番ひどい時は、リリカ+トラムセットが処方されており、2週間分で5000円を超えていました。リリカは余っても応用が利きませんが、ロキソニンは余っても常備薬でとっておいて無駄になりません。

明確な発症から半年ほどですが、その間は痛みに苦しんで、お金もかかり、本当に病気はするもんじゃないと思います。

持続的な痛みは引いて楽にはなりましたがまだ油断はできません。先月末も祖母の葬儀でお棺を担いだときにピーンと痛みが走ったりして緊張しましたが、2日ほどで治りました。

こういったことがあるので、まだまだ職場で何か運ぶときは辞退させてもらったり、情けない状況ではありますが、見栄を張って長引くよりは、と自制しています。

最近気づきましたが、寝返りをするときに、頭を布団に押し付け、首でブリッジするように動いているのでした。無意識でしょうが、スマホを注視するうつむいた姿勢や、今回気づいた寝返りなど、いろいろ体に負担をかける動きが癖となり、積もり積もって頚椎症性神経根症にいたったのだろうなぁと思います。『いい歳』で発症するのも『積もり積もる』期間を経る必要があるからなのでしょうね。

今月はいつもの整形外科の他に、歯医者に検診に行きました。虫歯はなく、歯石とりのみでしたが、いつもなら検診なんて行かないのに、頚椎症性神経根症のせいですっかり臆病になって病院へ行くのに抵抗がなくなってしまいました。

母は病院嫌いでろくに定期検診もせず脳卒中で倒れ、なんとか無事退院してからというものおとなしく定期的に病院に行くようになりました。その子の私も頚椎症性神経根症で打ちのめされてからは病院に行くようにしています。先月亡くなった祖母も、もうちょっと医療を信じていればもうしばらくは生きれたでしょう。考えてみれば他の家族・親戚も大病を患って入院したり、亡くなったりした人の方が多いほどで、これまでのノーガードな生き方が無謀だったのかもしれません。

不本意にももうしばらく付き合うであろう頚椎症性神経根症ですが、自分に聞き的な現実を教えてくれた、命の恩人だと思うことにして、これからも丁寧に生きていきたいと思う今日この頃です。

画像は晴れの日の桜。最近Photoshopでフィルターの使い方を覚え始めました。ソフトフィルターもいいですね。 f:id:yari3180m:20150412234538j:plain

広告を非表示にする