読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

デスクトップ環境一新 EIZO FlexScan EV2450 + JBL PEBBLES

ガジェット 買い物

EIZO FlexScan EV2450 + JBL PEBBLES

チェアに併せてデスクトップ環境を一新しました。ナナオの液晶ディスプレイEIZO FlexScan EV2450 と、USB DAC内蔵スピーカーのJBL PEBBLESです。

f:id:yari3180m:20141222013430j:plain

椅子を買ったのは、肩と首を守るためでしたが、MacBook Pro retina 13インチの小さいディスプレイでは正しい姿勢をとることができず、ディスプレイスタンドなども試してみましたが、視力が弱くなった目ではかなり辛くなりました。

結局思い切って液晶ディスプレイを買うことにしました。iMacの17インチ液晶以来、久しぶりのデスクトップ用液晶ディスプレイです。会社では20インチのデュアルディスプレイ環境ですが、それ以上はサイズ感もよくわからず、迷いながら考えました。

液晶ディスプレイになやむ

どんな液晶ディスプレイにしようか、買うなら最も良い選択をしたいところです。世間では4Kが話題になっており、ちょうどDELLのP2415Q、P2715Qが驚くほどの低価格で4Kを実現しており、興味を惹かれましたが、私のMacBook Pro retina 13(Late 2013)では4K接続は可能なものの、スケーリングできないことがわかりました。

DELLのP2415Q、P2715QをMacBook Pro retina 13(Late 2013)に接続した場合:

  • DisplayPort同士で接続すれば、4K接続が可能
  • リフレッシュレートは30Hz、WEBやアニメなどの動画レベルなら問題なく使えるレベル
  • スケーリングは不可。スケーリング表示するにはMacBook Pro retina (Late 2013)15インチモデル以上が必要

目が弱ってディスプレイを買うのに、小さな画面を覗き込むのは本末転倒です。27インチならあるいはと思いましたが、店頭で24インチを見たら、かなり大きすぎるように思いました。机を完全にPC専用にするならいいのですが、書物もするので24インチが大きさに満足でき、最適なサイズだと判断しました。

解像度は24インチではフルHDで1920x1080が一般的なようです。店頭で売れ筋のPCをみてみると、概ね広さも満足できることがわかりました。4KをスケーリングしてRetina表示できないのは残念でしたが…

EIZO FlexScan EV2450

f:id:yari3180m:20141222013436j:plain

フルHDの24インチクラスなら1万円台から選択肢があり、概ねどれを選んでも問題はなさそうです。とはいえ、せっかく買うなら良いものをということで、ナナオの製品から選ぶことにしました。パネルは外国製とはいえ、せめて国内メーカーを選びたかったのもあります。

値ごろでDisplayPortかHDMIで接続でき、見た目がシンプルなものを選んだところ、以下の二つが候補になりました。

どちらもIPSパネルで応答速度も良く、ノングレアで目に優しいディスプレイです。売れているのはFS2434で、ゲームに特化したモデルのようです。値段はほぼ一緒です。リモコンがついたり、豊富な機能が付いているのはFS2434です。とはいえ、ゲームをしないので、本体とは別に付属品があったり、余計な赤のラインとか、オモチャっぽいデザインが気に入りません。それと、縦表示が非対応なのも物足りません。たまに文書を作るとき、縦表示してみたかったのです。よって、EV2450を選択。

EV2450の感想

姿勢調整

まず豊富な角度調整・高さ調整が嬉しいです。机に座った時に、ちょうど正面を向くポジションに、自分の体を合わせず、モニタの方を動かせるのは大事な要素です。一番リラックスできる姿勢で快適に操作できます。

画質

画質はフルHDでは文字のにじみなどもretinaディスプレイに慣れた身には少々物足りませんが、さほど気になる程でもありません。十分きれいに表示できています。

ノングレは目に優しいですが、ザラザラ感は多少あるので、あまり写り込みがない環境では、グレアパネルの方が良いのかもしれませんね。

解像度

フルHDの解像度は、これまでの13インチスクリーンでスケーリングされて、実質1280✕800の解像度に比べれば、とても広大に感じます。買ってよかったと思えます。

音質

このモニタにはなんとスピーカーが内蔵されているのでした。DisplayPortで接続したら、ちゃんと音が出ました。とはいえ、MacBookPro内蔵のスピーカーよりもひどい音質で、これなら無しにして、コストを下げていただいた方が良いと思えるレベルです。

設定

PCからも設定できるようですが、そういった機能はWindows環境のみで、Macではモニタ本体の設定で行うようです。こういった点を考えてみても、FS2434ではなくEV2450にしてよかったと思いました。どんなにたくさん設定できても、本体の設定ボタンで複雑な設定なんて、やって入られません。

JBL PEBBLESの感想

f:id:yari3180m:20141222013445j:plain

液晶ディスプレイのスピーカーは期待していなかったので、別途買うことにしました。実際EV2450のスピーカーはひどいものでしたので、一緒に買っておいて良かったです。

このスピーカーはレビューの評価も非常に高く、期待して買いましたが、実際使ってみると、本当にびっくりする高音質です。操作性も良く、値段も安いので、現状ではよほどの理由がない限り、他に選択肢は以来でしょう。PC用デスクトップスピーカーのジャンルに絞れば、もっと高価格帯の製品でも、これ以上の音質を出すスピーカーはそうそうないでしょう。

縦置きも横置きもでき、意外とコンパクトです。ケーブルがオレンジ色です。見た目上どうしても隠せないならいっそ目立つ色にしてアクセントにするというのも悪くありません。イヤホンなんかと同じ考えでしょうかね。

弱点としては、最小にしても結構音が大きく、夜中は使いにくいところでしょうか。とはいえ、深夜はヘッドホンを使うので、問題ないです。

PC用スピーカーを買うなら、JBL PEBBLESで決まりです。

広告を非表示にする