人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

頚椎椎間板ヘルニア???

ちょっとした肩の痛みから大事へ?

始まりは6月ごろからの背中から肩にかけての違和感だった。その後9月末発生した痺れと右肩の痛みが一向に治らず、もう年末の12月。痛み止めしか処方してくれない近所の整形外科に見切りをつけて、先々週病院を変えてみたところ、低周波治療器やマッサージをしてくれて、良い病院に当たったと思ったら、むしろ治療を受ける前より痛みが増して悪化してしまった。

最初の整形外科も、次の何でも屋的クリニックも、レントゲンの診断で頚椎の神経が触れているという診断は一緒なのだが、牽引などの治療はなく、首や肩のストレッチをしてみてと言われた。

自分も肩の痛みなので五十肩だと思っていたくらいで、痛いのを我慢して一生懸命首を動かしていたのだが、どうやら何か違うのではないかと2ちゃんねるの健康板をさまよっていたら、ピッタリの症状見つかったのは、頚椎ヘルニアのスレッドだった。

どうやら首を安静にすべきで、動かしても予防はともかく症状の緩和には全く効かず、むしろ悪化させるようだ。

ではどこで診察を受けるべきか?以前会社の先輩が頚椎で入院した病院が思い当たった。総合病院で紹介状が入りそうだし、どうしようかと悩んでいたら、なんのことはなく頚椎専門外来のページにお悩み相談コーナーがあったので症状をメールで送ってみたところ、翌日には回答が来た。どうやら頚椎症性神経根症の疑いがあるとのこと。回答をくれた医師の名前で検索したところ、その道の権威のようだし、信頼性は十二分だ。その病院の解説を読んでも、確かに症状がピタリと当てはまる。怖いのは五十肩も結構な割合で症状が一致する点だ。痺れが出たら脊椎系に詳しい医師に診てもらったほうが良いようだ。

きた回答メールに予約してくれれば診察する旨と、電話番号の記載があったので、早速電話したらすぐ予約が取れた。診察が年末30日とまだ日もあり帰省もできないのできついが、キチンとした診断を得られそうだというだけで嬉しい。心配なのは手術になったら会社を休まないといけないこと。まぁ、年度末ならなんとかなるだろうか?

教訓:痺れは脳神経外科

ヘルニアだと整形外科に行きがちだが、脊椎に関しては脳神経外科のほうが得意で適切な診断を望めるようだ。整形外科でも脊椎・頚椎の専門医かどうか調べたほうがよさそう。

診断にはMRIが必須なので、病院の設備紹介にMRIが無いと別の病院に取りに行かなくてはならないし、あったとしても比較的高性能なMRIじゃないと、頚椎の診断には不十分のようだ。

医者にも得意不得意がある。早く医師の診断を受けた方が良いが、適切な診察科を選ばないと、良い回答が得られない。自分でも情報を集めて、積極的に動かないといけないようだ。

参考

頸椎椎間板ヘルニアポータルネット

広告を非表示にする