読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人力移動Blog

登山、シンプルライフ、旅行などなど…

新年

今年の初詣は初めて神社でカウントダウンして迎えました。田舎なので、ご近所さんがラジオのカウントダウンに合わせて「明けましておめでとうございます。」と声をかけ会うだけの、ささやかなものですが…

 

f:id:yari3180m:20170101100256j:image

f:id:yari3180m:20170101100303j:image

 

 

東北南部では雪の気配すら感じなかったのですが、北部では水墨画の世界でした。

f:id:yari3180m:20161231190605j:image

存在意義が疑われるWifiスポット

NexcoのフリーWifiスポット。この時期便利だと思い登録してみたのですが、接続すら成立せず、使い物になりませんでした。

 

f:id:yari3180m:20161230091156j:image

 

メールアドレスを登録して、パスワードが送られてくるよくあるパターンです。1日3回、一回15分の制限です。

 

ブラウザを起動すると、パスワード入力ダイアログが表示されます。パスワードを送られてきたメールからコピーしようと画面をブラウザからメーラーに遷移すると、それだけでダイアログがキャンセルされ、接続回数を消費してしまいます。

 

ダイアログをキャンセルでも接続回数を消費してしまうパターンは初めてでした。

 

格安Simにしてから、フリーWifiスポットに頼る事が増えましたが、こんな時にはしっかりしたWifiスポットが使えるキャリアが羨ましいです。

 

 

クリスマス寿司

会社を辞めて海外に飛び出した先輩が帰ってきたので、久しぶりに会って酒でも飲み交わそうということになりました。

問題は『いつ』実行するかで、私としては年内に会っておきたいと思ったのですが、折り悪く(?)時期はちょうどクリスマス。 いっそ年明けにしようかと思っていたところ、先輩から『24日でも25日でもかまわないよ』と連絡が。

流石に『おっさん二人でクリスマス』は無いと思ったのですが、この休みを逃すと、次はいつ会えるかはっきりしないこともあり、さらには私が個人的に話しておきたいこともあったので、拷問とも思えるクリスマスイブにわざわざ日程を設定したのでした。

DSCF6331.jpg

当日は独身のおっさんが一番街中に出たくない時期No.1であろう『クリスマス・イブの夜』ですが、実際に出かけてみると、思いのほか質素というか、地味というか…。もう少し恋人たちが街に溢れ、クリスマス一色なのかと思っていたのですが、商店街に申し訳程度にサンタの意匠が紛れ込んでいる程度で、普段の週末とあまり変わらない感じでした。

予定よりだいぶ早く着いたので、とりあえず商店街を冷やかし、思ったより人出が少ないとはいえ、クリスマス・イブの街中を一人で歩き回るのは心が痛むので、独り者のおっさんでも落ち着ける場所を求めて『ブックオフ』へ向かいました。ブックオフ店内は、『私もあなたも独り者!』といった塩梅の連中だらけで、安心しきって随分と腰を落ち着けてしまい、気がつくと約束の時間直前でした。

『どれ、待ち合わせ場所についた連絡をするか…』とiPhoneのメールを開いたら、本日の相手である先輩から『本日体調不良につき、延期のお願い』が目に入りました…。どうせクリスマスに出かけるなんて!と家族になじられたのでしょう。言わんこっちゃない。ショートメールか電話で連絡をくれていれば、クリスマスの街中をおっさん独りで歩くこと無く済んだのでしょうが、eメールだったので、気付かずにいたのでした。ちなみに『Lineでもいいんじゃないの』という意見は、言うだけ野暮というものです。

なんというか、すっかり惨めを通り越して、悟りの境地に入った感じでしばらく駅前に仁王立ちして佇んでいたのですが、飲み代が浮いた分を使い切って、せめて有意義に過ごしたいと思い、駅ナカの寿司屋へ。もちろん、回っていない方の寿司です。カウンターに陣取り、ビールと寿司で5000円ほど消費して、『俺は最初から寿司を食いに来たのだ』と思い込み、帰宅の途に着いたのでした。

有意義だったかどうかはわかりませんが、久しぶりに食った回っていない寿司は、まぁまぁ美味かったです。クリスマスイブでなければ、もっとうまく食べれたのでしょうが。

もう一息

もう一息で乗り切れる…

 

フラグを立てないよう、余計なことは書きません。早くスッキリしたいです。

 

久しぶりに自転車で運動しましたが、蔵王が綺麗でした。

f:id:yari3180m:20161217194446j:image

 

さらばソフトバンク

先日携帯キャリアをソフトバンクから格安SIMのiijmioに乗り換えました。

山登りが趣味だと普通山間部のエリアの制約から携帯キャリアは自動的に『ドコモ』になるのですが、iPhone4発売のときに契約していたドコモから当時唯一iPhoneを提供していたソフトバンクに乗り換え、そのままズルズルと契約し続けていたのでした。

乗り換えコスト

つい先日ソフトバンクの2年縛りを逃したばかりで、今解約すると9500円(税抜)の違約金がかかります。なんでそんなマヌケなことになっているかというと、iPhone4当時は発売時期が今の定番である秋ではなかったため、更新月が現在のiPhoneの発売時期とずれてしまったためです。違約金を回避するためには、SIMフリー端末を別途用意しなくてはなりませんでしたが、そのコストを考えれば違約金のほうが安上がりでした。

違約金の他にはMNP手数料3000円、iijmioの契約手数料3000円(パッケージで安く上げることも可能)が必要です。トータル16000円弱の出費です。

月額費用の分析

iijmioのプランは音声通話つきのライトスタートプラン(6GB)を選択。ソフトバンクではホワイトプラン+パケットし放題フラット(7GB)なので、ほぼ内容は同等です。

月々の実質料金(税抜き)を比較すると…

キャリア 料金 (税抜) 補足
ソフトバンク 6934円 ホワイトプラン934円+パケットし放題フラット4G LTE 5700円+ ベーシックパック300円+ユニバーサルサービス料3円
iijmio 2220円 ライトスタートプラン(6GB)

ソフトバンクは最近の実績で、税込みで7500円弱毎月かかっています。機種代金無しで毎月この金額は、割に合わないと常々思っていました。iijmioに乗り換えると、月々の負担はおよそ三分の一になります。

乗り換えコスト1.6万円弱かかっても、半年もかからず回収できてしまいます。実際には端末サポート代の差があったりしますが、端末を長く使ったり、他の端末に乗り換えたりの自由さを考えれば、十分乗り換えでメリットを感じられる水準だと感じました。

機能・サービスの差

格安SIMだけあり、キャリアとは完全に同じではありません。主要サービスで大きな違いと思われるものは、キャリアメールとWiFiスポットです。私は『無くても困らない』と判断しました。

キャリアメール

以前はキャリアメール必須のサービスなどがありましたが、最近はそれも減ってきました。私自身、キャリアメールは使っておらず、しつこい迷惑メールに辟易していて、最近では無い方が良いくらいに感じていました。実際、スマホの台頭で年々存在意義が薄れてきていましたよね。

WiFi

ソフトバンクではWiFiスポットなどが使えましたが、iijmioではそのようなサービスはありません。とはいえ、今までさほど恩恵に預かったこともありませんでした。タダなら使うが、カネがかかるなら契約しようとは思わない、といったところ。

iijmio申し込み:おうちでナンバーポータビリティ

さて、料金とサービス差を確認して、十分納得して申込方法は自宅でのMNPを選択。iijmioの契約方法は、店頭でパッケージを買うか、イオンやビックカメラの店頭で契約するか、直接iijmioのサイトに申し込む方法があります。一番早いのはイオンやBICカメラ店頭でMNP手続きまで済ませる方法ですが、最寄りに店舗がないので、私はパッケージを購入して申し込みました。

ちなみにiijmioサイトで申し込むと手数料3000円ですが、Amazonでパッケージを買うと、時々数百円で売っていたりして、運が良ければ節約になります。しかもバンドルクーポンが増量だったりして、更にお得です。

SIMパッケージ

音声通話SIMはデータSIMと異なり、パッケージに同梱されていません。別途本人確認をしなくてはなりません。iijmioサイトに接続し、免許証などの画像をアップロードして本人確認をします。

さて、本人確認を完了し、SIMが送られてきて、さてMNP!とおもったら、ここで幾つか思いがけないトラブル?があったので、ご紹介。

MNP転出(ソフトバンク)はオペレーターに電話する

MNPは予約番号を取る必要があるのですが、サービス時間がAM 9:00~PM 8:00までで、思い立ったのが夜中だったため、翌日に持ち越しとなりました。以前ドコモからソフトバンクへ乗り換えたときもMNPだったのですが、そのときはimodeでできた記憶があり、すっかりネットのMySoftバンクからできると思いこんでいたのですが、オペレーターに電話する必要がありました。もちろんショップでも可です。

電話は結構待たされますし、とっととMNP番号がほしいのにいちワイモバイルの宣伝をされたりして、イライラします。落ち着いて時間のあるときに実行したほうが良いでしょう。お昼休みだと、時間切れになってしまうかも。

iijmio開通は平日の夜7時まで、iPhoneは別途WiFi必要

SIMを受け取り、あとは開通手続きをすれば作業完了なのですが、なんとiijmioの開通手続きは平日の夜7時まででした。会社帰りだと間に合いません。

会社でやってしまおうかとも思ったのですが、調べてみると、iPhoneは開通手続きが終わっても、WiFiでプロファイルを読み込ませないと通信できないことがわかりました。つまり、一旦自宅に帰るか、コンビニなどのフリーWiFiスポットを利用する必要があります。

結局、勤務時間終わり頃に電話で開通手続きをして、帰宅後自宅のネット環境でプロファイルを読み込んで、開通できました。

ちなみに会社で開通手続きの電話後、しばらくソフトバンクSIMを挿しっぱなしで見ていたら、2時間弱で『圏外』になり、SIMを入れ替えたらすぐにドコモ回線を掴みました。もちろんこの状態でプロファイルを読み込もうとiijmioのツールを起動しても、つながりません。自宅でWiFi経由でプロファイルを読み込まない限り、どうにもなりませんでした。

Android端末だと、手入力で設定できるので、すぐに接続できるようですね。

使用感

iijmioに接続してみての雑感です。

速度

自宅の最寄りではソフトバンクの方が圧倒的に早いです。ソフトバンクが安定して20Mbpsくらい出ている状況で、iijmioでは2Mbps弱から11Mbpsくらいまで変動します。ソフトバンクではYouTubeの動画がいつでも見られる感じでしたが、iijmioでは混雑時間帯では読み込めないこともあります。とはいえ、私は自宅にネット回線があり、出先で動画を見ることなど無いので、困りません。よく使うWEB閲覧では全くストレスがありません。

通話

偶然開通直後に車のディーラーから連絡があったのですが、クリアな音声でこの点はキャリアと代わりありませんでした。

ApplePayなど

ApplePayもモバイルSUICAも問題なく使えました。いわゆるガラケーおサイフケータイなどとは違うので、SIMに依存したいのですね。

総括

いまのところ不便を感じること無く、満足しています。とはいえ今のところコスト面でしかメリットを確認しておらず、これからあちこち出かけた上で検証してみたいと思います。

いまのところ、大手キャリアからの乗り換えは『おすすめ』です。付帯サービスはほとんどなくなり、シンプルな契約になりましたがそれもまた良し!です。

昨年末実家に離れて住む母が、ドコモショップでアホみたいに余計なオプションを付けられ、しかも『いらないなら自分で端末を操作して解約せよ』などといわれ、スマホ一年生の母はまともに端末も操作できず、ドコモIDの意味もわからない年寄りなので解約すらできず、私も離れて住むので電話で話しても相談にも乗れず、結局私が実家に帰省して解約してあげるまで、無駄な出費を強いられたのでした。そのようなアコギな商売をしているキャリアの姿勢を見ていると、これから大手キャリア離れもどんどん進んでいくように思います。近々親のSIMも格安SIMに切り替えてあげようかと思っています。

中尊寺 1年の重み、5年の重み

久しぶりに岩手まで。東北道を北上し、一関で高速を降りて、中尊寺あたりをぶらつきました。予定は決めず、ぐるりと巡るつもりだったのですが、色々と当てが外れました。

一関はかつて毎週のように仕事で出かけ、実家より馴染みがあり、適当にぶらついても何も困ることはないはずでした。ところが町並みには見覚えがなく、好きだったラーメン屋すらも潰れたのか見つけられず、どこかよそよそしい『他人』のような場所になっていました。

ふと思い出してみると、私が仕事で東北を駆け回っていたのは5年以上前。山登りや帰省途中に高速や国道のバイパスで走り抜ける事はあっても、街中を走るのは随分と久しぶりだったのでした。

また新たに馴染みの店を開拓する気にもならず、そして見つけたとしても役立つとも思えず、牛丼屋で飯を済ませて中尊寺へ。

DSCF6097.jpg

中尊寺

中尊寺は何度か行ったことがあるのですが、今回わざわざ訪れたのは、金色堂を観るため。毎回施設がオープンする早朝に訪れたりして、肝心の金色堂を一度も見たことがないので、ここらでしっかり見ておこうかと。

初めて中尊寺へ訪れたのは、岩手に住む大学時代の友人の家に遊びに行く途中、休憩がてら寄ったのが最初です。当時まだ二十代で、車はマニュアルのRAV4、道路地図を頼りに移動していました。若さゆえに金はないが疲れも知らず、下道をぶっ通しで走っても平気でした。今は金はともかく、体力も時間も無いのでカーナビで無駄なく高速道路を移動します。

駐車場に車を止め、年賀はがきの広告チラシをみて、ふとその岩手の友人とも10年くらい会ってないことを思い出しました。今でも年賀状のやり取りはあるのですが、それだけの薄い付き合いになってしまいました。今どんな顔をしているだろう、頭頂部がやばいのは俺とあいつのどちらだろう…などと妙に感慨深くなりました。

紅葉は少しピークを過ぎた感もありますが、十分綺麗でした。人気のない早朝に来ることが多かったので、休日の日中に訪れたのは初めてですが、思ったよりは込み入っておらず、のんびり自分のペースで散歩することができました。

DSCF6148.jpg

DSCF6114.jpg

DSCF6215.jpg

毎度気になる薬師堂の『目』の幟と絵馬。目に良さそうということで、お賽銭。歳のせいか夜目が効きにくくなってきたので。

DSCF6197.jpg

f:id:yari3180m:20161113234816j:plain

金色堂は写真撮影が禁止なので、目に焼き付けてきたのですが、思ったより荘厳で立派なものでした。少なくとも金閣寺よりは観る勝ちがあるかと思います。螺鈿細工など金箔だけではなく、細かな造作が現代まで残っているのが驚きでした。

f:id:yari3180m:20161113234831j:plain

毛越寺

せっかくなので、行ったことがなかった毛越寺へ。紅葉で知られた毛越寺ですが、なにぶんこれまで早朝に走り抜けることが多く、そもそも入場できなかったのでした。

本日は天気も良く、寒くもなく、最高の行楽日和で、水面に映える紅葉が美しく、わざわざ足を運んで良かったと思いました。

DSCF6236.jpg

美しい水路がありましたが、『発掘』されたものだそうで。季節によっては、水辺で平安貴族の衣装で和歌を読んだりするイベントが有るそうです。

DSCF6254.jpg

DSCF6264.jpg

先輩の一年、私の一年。

中尊寺に満足して明るいうちに帰路につきましたが、途中SAで早めの晩飯を書き込んでいたら、『世界を旅するため』に昨年会社を辞めた先輩からメールが届きました。

一年旅をして、十分満足したのでここらで一区切りするとのこと。先輩は一年をフルに楽しんで、充実した時間を過ごしたようです。

ところで私の方ですが、仕事では責任ある立場になったり大きな変化があり、それなりに充実はしていた一年だった(まだまだ忙しい)のですが、常に受け身で自分の都合で何かした記憶が無いな…と思うと少々鬱々としてしました。自由な一人暮らしなんですがね?

今年の夏山シーズンは天気が悪く、ほとんど登ること無く終えてしまったのですが、その後秋山はチャンスが有ったわけですが、仕事など他人にコントロールされた用事で勝手に自粛してしまったのでした。山に行かなくても結局自宅でウダウダ過ごしていたのですから、どうせなら行っていたほうがスッキリしたでしょう。気になることがあると、無駄に萎縮してしまうのが私の悪いところ。

先輩のメールは気軽な『楽しかったよメール』だったのですが、私にとってはもうちょっと『自分の意志で生きねば』、と変にプレッシャーを与えたのでした。

その他

あいかわらずカメラはX-T1です。X-T2が出てからそれなりに値下がりしているので、如何でしょう?

私はX-T2が欲しくもありますが、まだまだX-T1で戦える…そんなところです。